アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

台風シーズンの9月にサーフィンを楽しむための心得

台風シーズンの9月にサーフィンを楽しむための心得
9月は台風が日本に接近しやすくなる季節です。普段のコンディションとは違った波質は、多くのサーファーを魅了します。しかし台風は、強風や高波、ときには大雨や雷などの荒天などに注意が必要です。今回の記事では台風時にサーフィンをおこなう心得もご紹介します。

 

9月はなぜ台風が接近しやすいのか?

サーフィン 9月 台風

春の時期に発生する台風は、緯度も低く西に進むことが多いため、日本に接近することはほとんどありません。

夏の時期になると海水温の上昇から台風は、高い緯度で発生するようになります。そこから太平洋高気圧のふちに沿って北上し、偏西風の影響で回り込むような進路になるのです。

9月の台風は、海水温が高いので発生数も多く、太平洋高気圧が弱まることで日本に接近する進路が多くなります。

 

9月の台風の波と普段の波の違いとは

サーフィン 9月 台風
9月の台風は長い期間うねりの波をもたらすことが特徴です。その理由は日本に接近する進路が多いこと、秋の時期よりも偏西風が弱いためゆっくりとしたスピードで進むことが多いなどが考えられます。

台風の波と普段の波との違いは、波の周期数値の大きさです。周期とは、1つの波の山の高い位置から次の波の高い位置が来るまでの時間を表しています。この数値が多いほど、波は力強いうねりとなるのです。

台風の波は、周期数値が非常に大きい力強いうねりが約2,000km先まで到達します。そのため9月の台風の波は、水量も多くパワフルなコンディションが長期間続く傾向です。

ページ: 1 2
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事