アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

規格外野菜をつかってフードロスを削減!販売サイトや活用した商品を紹介

規格外野菜をつかってフードロスを削減!販売サイトや活用した商品を紹介
野菜を買うとき、もし見た目が悪かったら、なんとなく避けてしまうかもしれません。しかし、規格外とされる野菜はフードロス問題にもつながっています。今回は野菜の規格について説明し、規格外野菜を活用したサイトや商品も紹介しますね。

規格外野菜とは

規格外野菜 フードロス

規格外野菜とはどういうものなのでしょうか。野菜の規格と、規格外野菜の現状について説明します。

規格外野菜の意味

規格外野菜とは、定められた大きさ・かたち・色からはずれてしまった野菜のことです。収穫した野菜は、たとえば大きさをS・M・L、品質をA・B・Cなどと分けられます。生産者が野菜をおろす農協や団体で、野菜の規格が定められているためです。

規格にあわない野菜の多くは、市場にでることなく廃棄されてしまいます。

野菜に規格ができた理由

野菜に規格がもうけられたのには、2つの理由があります。

見た目がきれいな野菜が買われる傾向があるため

多くの購入者には、見た目がきれいな野菜を買いたいという意識があります。サイズやかたちが統一された野菜はきれいに見えるので、購入者が買いやすいのが特徴。そのため、野菜で生計をたてる農家は、規格にあう野菜をつくろうとします。

しかし、ムシ食いなどをなくして野菜を規格にあわせようとすると、農薬が過剰につかわれるという問題もあります。

効率よく輸送するため

収穫した野菜は、運ぶためにダンボールにつめられます。野菜のかたちにバラつきがあると、ダンボールにつめる量が減ってしまいますよね。野菜に規格がもうけられているのは、輸送の効率をあげるためでもあります。

規格外野菜の現状

日本で1年間に廃棄される規格外野菜は、生産量の15~40%にのぼるともいわれています。たとえば、農林水産省の2018年の調査では、野菜の収穫量は約1,340万トン、実際の出荷量は約1,150万トンでした。つまり、生産された野菜の約15%は、廃棄された計算になります。

また、農林水産省によると、食品全体の1年間に廃棄される量は約612万トン。規格外野菜はこの廃棄量のなかに含まれていません。このことから、規格外野菜は「隠れフードロス問題」とも呼ばれています。

フードロス問題については以下の記事をチェックしてみてくださいね。

3分の1(1 / 3)ルールとは?食品ロスの現状と改善のために私たちができること

出典:農林水産省「作況調査(野菜)」「食品ロスの現状を知る

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事