アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

8段階の高さ調節が可能!タンスのゲンより自在な張り方対応の最硬のテント・タープポール発売

8段階の高さ調節が可能!タンスのゲンより自在な張り方対応の最硬のテント・タープポール発売
アウトドアシリーズ「ENDLESS BASE(エンドレスベース)」より、125~280cmの範囲で28段階の高さに調節可能なメインポールとして、ワンポールや2ポール、シェルターテントにも使える先端キャップが標準装備のテント・タープポールを発売します。

28段階の高さに調節可能なテント・タープポール

テント・タープポール

本製品は、ポールの上部と下部に用意されたブッシュピンの位置で高さを固定するプッシュアップ式の伸縮パーツと3節の連結が可能なジョイント式のパーツによって構成されています。
このブッシュアップ式の伸縮パーツとジョイントパーツの連結する数を組み合わせることで、ポールを28段階の高さに調整できることが最大の特徴です。
最も低い高さが125cmで、プッシュピンを高さ150cmから280cmまでの範囲で5cmずつ細かく調節することが可能になっており、お望みの高さでしっかりと固定できます。

テント・タープポール

コンパクト収納のヒミツはプッシュアップ式の入れ子構造

テント・タープポール

本製品は、1本のポールが3節の連結可能なジョイントパーツに分かれており、そのパーツの上下の節に入れ子となった伸縮パーツで構成されています。
この入れ子構造の伸縮パーツによって、連結する節の数を押さえつつも、収納サイズの長さを68cmとコンパクト収めることが出来ています。
一般的な伸縮タイプのポールは、パーツの数を抑えられて、コンパクトに収納できることがメリットである反面、ポールの先端になるほどに細く弱くなる為、見た目や強度の面でデメリットがありますが、本製品は、ジョイント式のパーツを組み合わせることで、28~32mmの極太サイズの太さを維持しています。

テント・タープポール

<最“硬”のアルミニウム合金製>
ポールの素材となるアルミニウム合金は、アルミニウムの中で最も強度のある7000番台を使用し、その中でも最も硬いと言われるA7075番を使用しています。このA7075番は「超々ジュラルミン」と一般的に呼ばれており、亜鉛(Zn)とマグネシウム(Mg)を成分に含むアルミニウム合金です。

A7075の特徴として、アルミニウムの中で最も強度と硬さが高いことが挙げられます。また軽量さにも優れていることから、航空機やロケットなどでも使用されるなど、まさに最“硬”のアルミニウム合金といれます。
本製品は、このA7075番素材に採用し、直径32mm、厚み1.5mmの頑丈設計で構成しています。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事