アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

サーフィンのボトムターン、奥深いテクニックのコツ

サーフィンのボトムターン、奥深いテクニックのコツ
サーフィンのボトムターンはトップターンと比べると、バリエーションや派手さはみられません。しかしトップターンをレベルアップさせるためには、ボトムターンを見直さなければならないほど奥深いテクニックです。そのボトムターンのコツをご紹介します。

 

ボトムターンとは

サーフィン ボトムターン

ボトムターンとは、波のボトムと呼ばれるフェイスの下部でおこなうターンの名称です。

派手なトップアクションと比べると、ボトムターンは地味なベーシックターンと思われがちです。

しかし、派手なトップアクションをおこなうためには必要不可欠なことがあります。それは、波のトップから滑り降りることでついたスピードを失速させることなくトップへと上がるための、基本ができたボトムターンです。

「トップターンを練習しているけど上手くメイクできない…。」とお悩みのビギナーサーファーは、トップターンの前のボトムターンを見直すとメイク率が上がる可能性があります。

 

ボトムターンのコツとは

サーフィン ボトムターン

サーフィンが上達するためにも重要なボトムターンですが、そのコツはとてもシンプルです。ビギナーサーファーがボトムターンを練習する際に、意識してもらいたいコツを3つ紹介いたします。

始めはボードを極端に傾けず、浅いボトムターンから練習することがおすすめです。

ターンをしようとしてバランスを崩したり失速している感覚があれば、下記の項目をチェックしてみましょう。

①波をしっかり理解すること

ボトムターン成功と上達の一番の秘訣は、波を理解するということです。

一口に波といっても、形や崩れ方はさまざまです。波のパワーゾーンから外れたポジションでターンしようとボードを傾けても、失速してしまったりバランスを崩してワイプアウトしてしまいます。

その時の海のコンディションを見極めて、どのポジションでボトムターンをするべきなのか自分で判断しなければいけません。

この判断を身につけるためにはある程度の経験が必要です。たくさん波に乗りながら自分なりにアプローチをして試行錯誤するうちに、少しずつ適正のポジションがわかるようになります。

重要なことはただ波に乗るのではなく、その波のパワーゾーンを意識することです。

②ダウンザラインでスピードをつける

波のトップからボトムに斜面を下ることを「ダウンザライン」といいます。このダウンザラインは、サーフィンのライディングにスピードをつけることができるセクションです。

ボトムターンの動作へ入る前に、このセクションでスピードがついていることが必須となります。

サーフボードのノーズを波のトップから降りたいボトムに向けます。そして足首を曲げるように低い姿勢を維持したまま、波の斜面をくだりスピードをつけます。

もし、波の斜面をうまく下りきれていなければ、重心が適正な位置にのったフォームになるように見直してみましょう。

③綺麗なフォームを身に着ける

ダウンザラインでついたスピードを失速させることなくトップへと向かうために、ボトムターンを正しいフォームで行わなければなりません。

自転車のカーブを例にあげると、まっすぐに乗った重心を少し傾けることで、スピードを維持して曲がることができます。カーブ中にハンドルを曲げるような動作をすると、バランスを崩してしまうのは想像できると思います。

サーフィンも同じで、綺麗に重心を保ったまま傾くフォームを身に着けると、自然なターンを描くことができます。

フォームを身につけるためには、スケボー練習が効果的です。理想はパークなどにある緩やかな斜面を、波に見立ててダウンザラインからボトムターンの流れをイメージするとよいでしょう。

反復練習をして体にそのフォームをのえさせることで、波に乗った時に自然とその動作ができるようになります。

ページ: 1 2
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事