アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【2022年・全国版】打ち上げ花火が見えるキャンプ場

【2022年・全国版】打ち上げ花火が見えるキャンプ場
花火が見えるキャンプ場は、キャンプを満喫しながら打ち上げ花火も楽しめます。プライベートな空間からゆったりと、大切な人や家族、あるいはおひとりさまで、花火大会を鑑賞してみませんか。全国で花火が見えるキャンプ場をピックアップして紹介します。

花火が見えるキャンプ場【北海道・東北】

花火 キャンプ場

グリーンステイ洞爺湖(北海道)

大自然の中のとても広い敷地で、管理が行き届いたキャンプ場。パークゴルフや遊具があり、湖畔で水遊びもできるのでファミリーにもおすすめです。例年、洞爺湖温泉街では4月下旬~10月末まで洞爺湖ロングラン花火大会が開催されています。

キャンプサイトから花火は見えませんが、キャンプ場から歩いてすぐの湖畔に移動するときれいに見えます。

公式サイト:洞爺湖観光(洞爺湖町役場HP)

天神浜オートキャンプ場(福島)

花火駅伝やGO OUT CAMPの花火大会イベントの会場となる、猪苗代湖畔に位置する天神浜キャンプ場。場内で花火が上がるので、どのサイトからでも花火を見ることができます。山々に囲まれた自然を満喫できるサイトや、湖畔沿いのサイトで夕日を眺めてゆっくりとした時間を過ごせます。

キャンプ場近くにはレストランなどの飲食店があるので何かと便利です。

公式サイト:天神浜オートキャンプ場

 

花火が見えるキャンプ場【関東・甲信越】

花火 キャンプ場

緑の休暇村 青根キャンプ場(神奈川)

子どもも楽しく遊べる川が場内に流れていて、マスのつかみ取りや釣りも楽しめるキャンプ場です。夏のアクティビティが豊富で、ファミリーや初心者キャンパーにもおすすめです。例年9月に開催される道志川合唱祭の前夜祭、秋の花火大会が大人気。

青根キャンプ場は予約不要なので、花火大会を見るなら早くから並ぶ必要があります。

公式サイト:緑の休暇村 青根キャンプ場

本栖湖キャンプ場(山梨)

カヌーやサップなど本栖湖で水遊びができる本栖湖キャンプ場は、昭和23年に開業した歴史あるキャンプ場です。広大な敷地のほとんどに車の乗り入れができ、観光協会が運営しているため、利用料金が抑えめであるところも魅力です。

8月上旬に開催される本栖湖神湖祭の花火がキャンプ場で見られます。キャンプ場で花火を見たいなら、当日順番受付なので注意が必要です。

公式サイト:本栖湖キャンプ場

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ(埼玉)

電源サイトやログハウス、レンタル用品、食材も充実していて手ぶらでキャンプが楽しめるキャンプ場です。名栗川の天然プールや子どもが楽しめる遊具、大人も楽しい屋内卓球場などがあります。また、季節ごとのイベントや水生生物観察会などの自然に触れるイベントも盛りだくさんです。

例年8月のお盆には灯籠流しや盆踊り、花火大会が開催されます。

公式サイト:ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

くりの木キャンプ場(群馬)

榛名山や赤城山、関東平野を見渡せる眺望が魅力のキャンプ場です。高台からの見晴らしがよいので、夏から秋にかけて花火大会がサイトから見えます。直火ができる石炉のサイトや手作りの遊び場など、こぢんまりとしたキャンプ場ながら楽しめる工夫がいっぱいです。

キャンプ場周辺には遊園地や博物館、牧場などのアミューズメント施設もあり、大人から子どもまで楽しめます。

公式サイト:くりの木キャンプ場

大洗サンビーチキャンプ場(茨城)

大洗サンビーチキャンプ場は、大洗花火大会の会場である大洗サンビーチ海水浴場からわずか徒歩10分の場所にあります。花火の迫力を感じながら、サイトでゆっくり鑑賞できる最高のスポットです。サイトの種類が豊富で、フリーサイトや松林サイトをはじめ、屋根が常設されていたり、手ぶらでキャンプができたりするサイトもあります。

予約は1か月前からできるので、花火大会に合わせて素敵な夏の思い出を作りたいですね。

公式サイト:大洗キャンプ

ページ: 1 2
   
   

キャンプ場カテゴリの最新記事