アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

サーフィンのトップターンのコツと練習方法

サーフィンのトップターンのコツと練習方法
サーフィンは波のボトムとトップそれぞれでターンをしながらライディングしていきます。そのライディング中でトップターンは見せどころといえるセクション!ここではそのトップターンのコツと練習方法をご説明いたします。

トップターンとは

サーフィン トップターン

波の斜面(フェイス)の上部(トップ)でおこなうターンを「トップターン」と呼びます。

同じく波のトップでターンするオフザリップとの違いを問われますが、オフザリップやカービングなど波のトップでのアクションターンを総称してトップターンと呼ぶ場合もあれば、アクションターンではない浅いターンをトップターンと呼ぶ場合もあります。

総称した場合、そのバリエーションはさまざまです。

競技サーフィンではこのトップでのターンが、ジャッジ採点を大きく左右する部分となります。そのため、ターンするポジションややり方で難易度や名称も違います。

オフザリップとは

オフザリップとは、波がいまにも崩れてきそうに立っている、リップといわれる場所にボードを縦にアプローチしたのちに素早く返すアクションです。

見た目も派手で脱ビギナーで乗れるようになったショートボーダーなら、誰しもが試したくなるターンです。

カービングターン

ある程度高い波のオープンフェイスでトップからレールを使って、スプレーを飛ばしながら水をえぐるようにして行うターンを「カービング」と呼びます。

行う波の場所やターンの描き方などで難易度も変わるので、奥深いアクションターンです。

カットバック

波の角度がゆるやかなポジションへ離れた際に、再び波のパワーゾーンへ戻るようにターンをするアクションです。

 

トップターンのコツ

サーフィン トップターン

少し横へ滑れるようになってきたら次はターンの練習です。フロントサイドにしても、バックサイドにしてもコツは下記になります。

①体全体のフォームを事前に身につける

目線、胸、腰、ヒザのリードをスムーズに行えるフォームを事前に身につける必要があります。

トップターンに挑戦するために海へ入ることはもちろん重要ですが、フォーム練習を陸トレしておくと海での成功率は上がります。

海でトップターンを試すことができそうな波に乗った際に、自然と理想のフォームができるようになるまで、反復練習をして体に覚えさせてあげましょう。

②後ろ足の位置を意識する

ターンの練習は、ライディング時の後ろ足の位置も重要です。

サーフボードの舵の役目となる後ろ足は、フィンの真上に足が乗っている状態がターンのしやすさを左右します。テールにデッキパッドを貼っている場合は、テイクオフからデッキパッドに後ろ足がしっかり乗っているか意識しましょう。

可能であればライディング中に足を後方に少しずらすと、ターンのレスポンスもよくなります。

③スピードを維持したままトップへアプローチ

トップターンを成功させるためには、テイクオフから波の斜面をおりてトップへ向かう前のボトムターンからトップに上がるまでスピードを維持することが必要です。

そうするためにはここでも良いフォームが重要です。

以下でご紹介しているスケボー練習などを活用すると、自然とフォームが身につきやすくなります。

④はじめは緩やかなターンで挑戦

プロサーファーの動画などを見ていると同じようにかっこよく派手なターンのイメージがあり、同じようなアプローチの練習をしてしまいがちです。
いきなりオフザリップのような鋭角な動きをすると、失速する原因にもなります。

はじめは緩やかな角度をイメージしておこないましょう。

ページ: 1 2
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事