【メスティン】おうちで作るおすすめおやつ!メスティン折りやお手入れ方法も

少ない負担で運動効果抜群!ポールウォーキングってなんだ?【ディフェンシブな歩き方と道具編】

少ない負担で運動効果抜群!ポールウォーキングってなんだ?【ディフェンシブな歩き方と道具編】
   
超高齢化社会を迎え、健康増進法として注目されるノルディックウォーク。とくに、「ディフェンシブな歩き方のポールウォーキング」は、シニア層が取り組みやすく持続可能なエクササイズといえます。今回は、そのポールウォーキングの魅力についてご紹介します。
   

健康増進法として注目されるポールウォーキング

ポールウォーキング

 

今、日本は世界に類を見ない超高齢化社会を迎えています。

その時代に、シニア層が取り組みやすく、より健康増進効果の高いエクササイズとして注目されているのがノルディックウォークです。

ノルディックウォークは、大きく分けて2タイプの歩き方と、それに応じた目的があります。

ポールを用いて上肢を積極的を推進力として使用し、通常のウォーキングより運動効果を得られるのが「アグレッシブな歩き方のノルディックウォーキング」です。

 

こちらも合わせてご覧ください。

普通のウォーキングより効果あり?ノルディックウォーキングってなんだ【ノルディックウォーキング基礎知識編】

普通のウォーキングより効果あり!ノルディックウォーキングってなんだ?【アグレッシブな歩き方と道具編】

 

これに対し、ポールを安定歩行と転倒防止のために使用する歩き方を「デフェンシブな歩き方のポールウォーキング」といいます。

今回は、シニア層の健康志向型エクササイズやリハビリ目的の歩き方に最適な「ポールウォーキングの歩き方と道具の特徴」についてご紹介します。

 

 

安全で効果の高い有酸素運動とは?

適度な有酸素運動は、糖尿病などの生活習慣病やメタボリックシンドロームに有効です。

また、有酸素運動は、全身の血行を向上させ脳の血流もよくなり、ポールを持って歩くことで歩幅も広がり認知症の予防効果があるされています。

ポールを用いて、肩甲骨と体幹部も積極的に使用するノルディックウォークは、上肢と上半身の筋肉を動かすことでエネルギー消費量も向上し、有酸素運動として最適です。

なかでも、「デフェンシブな歩き方のポールウォーキング」はポールで体を支えることで、より安全にエクササイズできる特徴があります。

それは、足による「2点駆動」と、ポールによって2本の手で体を支える「2点支持」を合わせた「4点支持」の歩き方にあります。

 

 

ポールの使い方と特徴

ポールウォーキング

 

シニアにとって、運動する際の大きな悩みは、足腰や関節の痛みです。

しかし、ディフェンシブな歩き方のポールウォーキングは、ポールで体を支えるため足腰や関節の負担を減らし、安定したエクササイズが持続可能としました。

ディフェンシブな歩き方に適したポールは、整形外科学的な観点から考案され、運動強度を安全に高められるように設計されています。

グリップは、強く握らず快適に腕をスイング可能とする特殊な形状とされ、ストラップも同様の観点から手をすっと差し込むだけの設計です。

 

ディフェンシブ用:セミオーダーのポールはこちら

 

 

 

支えるためのポール先端部

ポールウォーキング専用のポール先端部のゴムは、体を支持しやすいように丸型や、より安定感を必要とする低体力者用のゴム底部が平らな形状と大きく分けて2タイプです。

 

よい姿勢を無理なく保つ長さ

背筋を伸ばした状態で、おへそにグリップの真ん中が来る長さ(身長の約63%)が基本です。

しっかりと接地して、体のバランスを保持したい場合は少し長めにします。

適切な長さのポールを持てば、歩くのに適した姿勢を無理なく保持できます。

また、前かがみの姿勢が解消され、肩や腰の負担が軽減されることで、疲労感も減少する大きなメリットがあります。

 

ディフェンシブ用:セミオーダーのポールはこちら

 

 







ノルディックウォークカテゴリの最新記事