季節の変わり目に必須! 寒いときにさっと羽織れる、アウトドアに最適な持ち運びらくちんポータブルブランケットや、2WAYクッションブランケット

クライミングの道具を長持ちさせるコツとは?シューズ・ハーネス・ロープの手入れ方法

クライミングの道具を長持ちさせるコツとは?シューズ・ハーネス・ロープの手入れ方法
   
ロープクライミングで使う道具の中でも、シューズ、ハーネス、ロープは合成繊維や天然皮革で作られ、金属製の道具よりも買い替えるタイミングが早いものがほとんど。値段が張るものもあり、すぐに買い替えられませんよね。そこで、シューズ、ハーネス、ロープを長持ちさせるコツを紹介します!
   

クライミングシューズの手入れ

シューズ・ハーネス・ロープのお手入れ

 

何度も繰り返して履くクライミングシューズ。

ソールは土で汚れ、中も足裏の汗と汚れが反応して雑菌が繁殖し、嫌な臭いが出てきます。

ソールの汚れをそのままにしておくとソールの劣化が進むだけではなく、シューズ本来の性能が発揮できません。

また、アッパーに穴が開いていないか、ベルクロやシューレースが切れそうになっていないか、ソールの減りは大丈夫かなども確認しましょう。

 

クライミングシューズは洗える?

汚れたシューズを水洗いしてスッキリさせたい!そう思う人もたくさんいます。

シューズは水洗いすることを前提として作られていませんが、水洗い出来ないわけではありません。

ミッドソールには、シャンクと呼ばれるシューズの剛性を保つ芯が入っています。シャンクの素材は紙製や樹脂製。

紙製のシャンクのシューズを水洗いすると、シャンクがへたり剛性が弱くなります。

そして、自分の足に馴染んだアッパーが硬くなり、新品のように戻ってしまいます。

今回は、日常的に手軽に出来るシューズの手入れを紹介します。

 

クライミングシューズの手入れ方法

シューズの汚れ対策

アッパーはスエードブラシをかけて汚れを落とし、ソールは水を固く絞った雑巾で拭き、直射日光を避け風通しの良い日陰で干しましょう。

また、ソールは軟質ゴムでできたクレープブラシを使うと汚れが簡単に落ちて、ソールのフリクションが蘇ります!

 

 

 

 

created by Rinker
¥1,980
(2020/10/28 00:47:32時点 楽天市場調べ-詳細)

 







登山カテゴリの最新記事