ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【東京2020オリンピック】サーフィン競技に出場する4名の日本人サーファーたちを紹介します

【東京2020オリンピック】サーフィン競技に出場する4名の日本人サーファーたちを紹介します
史上初となるオリンピックのサーフィン競技がついに始まります。日本代表選手は五十嵐カノア、大原洋人、都筑有夢路、前田マヒナの男女2名ずつ、合計4名。今回はそんな日本代表選手の経歴などを紹介していきます。

日本のエース、金メダル獲得へ向けて

東京2020オリンピック サーフィン

五十嵐カノアにとって大きな決断は、オリンピックを見据えてワールドサーフリーグ(WSL)の登録国籍をアメリカから日本に変更したことです。

カノアは生まれも育ちもカリフォルニア州ハンティントンビーチ。

もともとアメリカの選手として戦い、チャンピオンシップツアー(CT)入りも果たしましたが、2018年シーズンに日本に変更したことで、いきなり日本代表候補の筆頭に躍り出ました。

そして2019年にはCT年間ランキングで6位となり、2021年のISAワールドサーフィンゲームス・エルサルバドルに出場したことで、東京2020オリンピックの出場権を獲得しました。

カノアのサーフィンにおける最大の特徴は、なんといっても勝負強いこと。

どんな状況からでも自分のペースに持ち込み、するするっと勝ち上がっていきます。

身長も高く、ダイナミックなサーフィンは見栄えも抜群。

地元のハンティントンがビーチブレイクのポイントなので、オリンピックのサーフィン会場である千葉のビーチブレイクに馴染んでいるという点も強みです。

そう考えると、カノアに死角は見当たりません。カノア自身「金メダルを目指す」といっているとおり、頂点に立つ可能性が高いといえるでしょう。

 

大舞台で力を発揮する地元期待のヒーロー

東京2020オリンピック サーフィン

2015年、大原洋人は18歳で伝統ある大会「USオープン」を日本人初制覇し、世界にその名を轟かせました。

以来、日本人サーファーのトップを走ってきたのが洋人です。

しかしあと一歩のところで結果が出ず、足踏み状態に。

そんな中で迎えた2021年のISAワールドサーフィンゲームス・エルサルバドルで4位に入賞し、男子の日本代表最後の一枠を獲得しました。

そのとき出場権をかけて争っていた村上舜に対し、洋人は圧倒的不利な状況でしたが、底力を発揮し、改めて大舞台で強いことを知らしめました。

重心の低いボトムターンから繰り出されるパンチの効いたアクションと縦回転するエアーが特徴の洋人。

一つ一つのマニューバーは世界で通用することは証明済みです。

今回のオリンピックは洋人の地元で行われるので、メンタル的にも安定し、波を知っている点でも圧倒的に有利。

いつも通りのサーフィンを展開すれば、メダル獲得も現実のものとなるでしょう。

ページ: 1 2
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事