サイクリングするならDL必須!自転車ユーザー向け♪おすすめの人気スマホアプリ3選♪

Greenfield

サイクリングするならDL必須!自転車ユーザー向け♪おすすめの人気スマホアプリ3選♪

サイクリングでは、走ったルートや走行時間などを記録し、後から見直すのも楽しみの一つですよね。そのためのアイテムとして、サイクルコンピューターがありますが、わざわざ購入するのはちょっとな…と思う人もいるでしょう。そんな方は、スマホで使えるサイクリングアプリがおすすめです。今回は、無料でサイクルコンピューター代わりになるアプリや、サイクリングをより一層楽しくしてくれるアプリをご紹介します。

サイクリングでスマホアプリを使ったほうがいい理由

 

サイクリングアプリには、主にGPSを利用した地図や位置情報を特定する機能によって、走行ルート、速度、走行時間などを記録できます。

これらの機能は、サイクルコンピューターと同様の役割を担ってくれますし、安価なサイクルコンピューターよりも優れた機能をもっているアプリもあります。

サイクリングアプリを利用すれば、サイクルコンピューターを購入することなく、サイクリングのデータを記録することができますし、サイクリングの楽しみをより一層深めてくれますよ。

サイクリングをする時にスマホを持って行く人は、インストールをおすすめします。

 

 

本格的なトレーニングに最適+SNS機能もある「Strava」

 

世界中のサイクリストや、プロの自転車ロードレーサも利用しているアプリ。

走行距離や消費カロリー、平均速度、走行ルートなど、サイクルコンピューターのような機能があります。

また、自分が走ったデータを投稿することで、ユーザー同士と共有するSNSのような機能もあります。

このアプリの一番の特徴は、「区間エクスプローラー」という機能。

ユーザーが地図上の特定の区間を登録することで、その区間を走ったユーザーのタイムをランキングにして表示してくれるというものです。

区間のランキングを使って、ユーザー同士で競い合うこともできますし、上位ランカーの走行データを見ることで、自分の走りの参考にもできます。

基本的には無料のアプリですが、有料のプレミアム版も用意されており、より高度な分析ツールや、コーチング機能など、本格的な機能を使うことができます。

サイクリングのデータを記録したい人はもちろんのこと、本格的なトレーニングがしたい人にもおすすめのアプリです。

 

詳しくは、Strava

 

 

ルート検索機能や地図が充実している「自転車NAVITIME」

 

「自転車NAVITIME」は、「Strava」同様、サイクルコンピューターの機能を持っていますが、より地図機能に特化したアプリです。

走行ルートや、距離などの記録ができるのはもちろんのこと、ルートの検索機能が充実しており、坂道が少ないルートや、交通量が少ない裏道を優先したルートなど、自転車ならではのルート選択ができます。

また、地図アプリとしても、音声ナビ機能がついているので、走行中にスマホを見ることなく、安全に正しいルートを走ることができます。

サイクリングをしていると、平面の地図だけでは詳しい道路状況を把握することは難しく、最短ルートだと思って走っていたら、突然激坂が現れるなどの状況が考えられます。

楽なルートでサイクリングを楽しみたいのであれば、地図機能が充実したこのアプリがおすすめです。

 

詳しくは、自転車NAVITIME

 

 

サイクリングの思い出を素敵に残すなら「RunGraph」

 

こちらはサイクルコンピューターのような機能に加えて、自分が走行したデータをもとに、美しいグラフィックを作ってくれるという珍しいアプリ。

デザインプレートは全16種類で、気に入ったデザインを選び、調節することもできます。

また、作ったグラフィックをSNSにシェアしたり、グラフィックをTシャツにして購入することもできます。

サイクリングイベントなど、思い出に残るサイクリングの走行データでグラフィックを作りTシャツにすれば、参加者に喜ばれること間違いなしですよ。

サイクリングの走行データは、無機質な数字の羅列ばかりで、つまらないと思う人もいるでしょう。

サイクリングの思い出を、おしゃれなグラフィックや、形のある思い出にしたいならおすすめのアプリです。

 

詳しくは、RunGraph

 

 

サイクリングアプリを使うときにあると便利なアイテム

 

サイクリングアプリを使うときには、自転車のハンドルなどにスマホを固定できるホルダーを購入すると便利です。

ホルダーを利用すれば、サイクルコンピューターのように、走行時のデータを逐一確認しながら走ることができます。

サイクリング時に、地図を確認しながらじゃないと不安な方や、効率的なトレーニングをしたい方におすすめのアイテムです。

ただ、スマホを注視しながらの走行は危険ですので、余裕のある時にチラッと確認する程度に抑えましょう。

 

 

 

まとめ

サイクリングの分野においても、スマホアプリはかなり充実しています。サイクリングをするなら、自分が走ったデータを残しておいた方が絶対に楽しくなりますし、無料で使えるものばかりですので、ぜひ利用してみてください。

公式アカウント

関連記事