ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

スケボー初心者だって問題なし!スケボー練習場所の探し方

スケボー初心者だって問題なし!スケボー練習場所の探し方
アスリートスポーツとして認知度が高まってきたスケートボード。しかし「やってみたいとは思っても練習場所がなくて…」という声をよく耳にします。スケボー初心者でも安心して練習できる場所の探し方や、心得ておくべき点をこの記事で見ていきましょう。

スケボー初心者でも練習しやすい場所とは?

スケボー 練習場所

スケボーに限らずどんなスポーツでも、上達するには練習量がものをいいます。

そのためには初心者でも気兼ねなく、のびのびと練習できるホームスポットを見つけたいですよね。では、スケボーの練習はみんなどんな場所でしているのでしょう。

騒音を出しても迷惑がかからない場所

はじめてスケボーに乗ってみると気になるのが騒音です。

デッキが地面に当たる音や走行音は意外と響くもので、「まわりに迷惑かけてないかな?」と不安になってしまいます。委縮した練習ではもったいないので、近隣に民家がないエリアから探してみましょう。

スムーズな路面がベター

きれいなアスファルトやコンクリートなどのスムーズな路面は、走行音が小さいだけではなく、スケボーの醍醐味である、まさしく「滑る」感覚を味わえます。

初心者だからこそ、スケボーに乗ること自体が好きになるスムーズな路面での練習がおすすめです。

 

おすすめのスケボー定番練習スポット

スケボー 練習場所

騒音問題や路面状況の両方を満たす練習場所探しは、なかなか難しいものです。具体的にスケーター達はどんな場所で滑っているのでしょうか?

以下にピックアップしてみました。

公園の舗装路や駐車場

大きめの緑地公園などは民家からも遮断され、スケーターをよく見かけます。駐車場でも混雑しない時間帯を選べば、広々と滑ることができるでしょう。

ただ、スケボー禁止と定められている公園も少なくなく、事前によく調べる必要があります。

電車や車道の高架下

新幹線や高速道路など、大きい路線の高架下も良い練習場所として使えます。高架が雨をしのいでくれるため、いわゆる「雨スポット」としても最適な場所でしょう。

便利な土地柄、駐車場や私有地として利用されていることも多いので、注意喚起されている場合は立ち入らないようにしてください。

川や海の堤防周り

一般的にコンクリートでつくられているので、滑り心地が最高です。ロケーションも良く、晴れた日は気持ちよくスケボーできる場所ですが、気を付けたいのが水没。

スケーターからは「池ポチャ」と言われていますが、デッキは一発で使用不可になり、海に落ちたら回収も不可能です。はじめてのコンプリートが早々と使えなくならないよう、注意が必要ですね。

ページ: 1 2 3
   
   

スケートボードカテゴリの最新記事