登山やキャンプ♪アウトドアシーンでコーヒーを楽しむために用意したい道具って?

Greenfield

登山やキャンプ♪アウトドアシーンでコーヒーを楽しむために用意したい道具って?

アウトドアでのコーヒーは街中で味わうコーヒーとは一味違います。アウトドアに興味がないと、気持ちの問題では?と思うかもしれませんが、実は科学的にもその効果は立証されているようです。登山の場合、標高が高い山ほど気圧が低く、沸点が低いからというのも理由の一つみたいですよ。山の美しい景色を眺めながら、美味しいコーヒーを楽しんでみるのはいかがでしょうか。軽量で、無理なく山に持参できる山コーヒーグッズをご紹介します!

最低限これだけあれば野外でコーヒーを楽しめる

野外でのコーヒーというと、何か特別に用意しなければと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

普段自宅で飲むようにマグカップ、お湯、コーヒー豆があれば良いのです。

軽量化された登山用のマグカップ、お湯は保温効果の高い水筒、コーヒーがあればOK。

コーヒーはお気に入りのものを用意すると、淹れるのが楽しみになります。

インスタントでも良いですし、ちょっと本格的にドリップしてみるのもいいですね。

水筒の場合は、アウトドア用のサーモマグがおすすめ。

 

保温効果が高く長時間温度を保つことが可能です。

また、タオルなどで覆うことにより、保温効果がより持続します。

マグカップはステンレスやチタニウムなど、軽量のものがおすすめです。

 

 

面倒な人は水筒持参でこれだけ!

もっと気楽にコーヒーを飲みたい人は、コーヒーをドリップする手間がないものはいかがでしょう?

 

グロワーズカップのCOFFEE BREWERは、まさにいつでもどこでも、お手軽に本格的なコーヒーが飲める優れものです。

一緒に持っていくものはお湯とマグカップだけ。

簡単なのに美味しいコーヒーが飲めちゃいます。

しかもこのバックは再利用も可能。

洗って何度でも使えるので経済的です。

 

本格的なコーヒーを楽しみたい人へ

キャンプや登山に慣れている人なら、コーヒーもお湯を沸かすところからこだわりますよね。

仲間と過ごすキャンプや登山なら、なおさら美味しくて淹れたてのコーヒーが飲みたいと思うもの。

それなら思い切って全ての道具をそろえてみるのも乙なものです。

 

・コーヒードリッパー

・コーヒーミル

・ケトル

・マグカップ

・アウトドアバーナー

・水筒

 

これらはあるもので代用でも大丈夫ですが、アウトドア用に軽量タイプやデザインなど一工夫されたものがベストです。

・コーヒードリッパー

モンベル O.D.コンパクトドリッパー2はそんなアウトドアにぴったりの優れもの。

 


重さわずか4gですから超軽量、コンパクトで何度でも使えるというのがポイントです。

紙のフィルターを使用しても良いですが、このままドリップできるものもとても重宝します。

フィルターを忘れた時でも助けてくれるアイテムです。

コンパクトに折り畳めて、洗って繰り返し使えるエコノミカルでエコロジカルなコーヒードリッパー(特許取得済)。約60マイクロメートルの目を持つマイクロ・メッシュ地でドリップすることによって、旨味が凝縮されたアロマオイルを透過し、豆本来の味を楽しめます。コーヒーだけでなく、お茶にも使用できます。市販のペーパーフィルターとの併用も可能。    出典:mont-bell

 

自宅でも使用できるコーヒードリッパー
196ひのきのキャンプ用品 ウォールナット(くるみ)

・コーヒーミル

粉を用意していく人は必要ないものですが、豆から挽くことを想定している場合は必要ですね。

重さは可能な限り軽量な方が良いです。

コーヒーミルもアウトドア用のものが軽量で持ち運びやすくおすすめですよ。

ポーレックス コーヒーミル セラミックはスタイリッシュなデザインで、分解して洗えるのも機能的です。

出典 PORLEX

 

・ケトル

お湯を沸かすアイテムです。

登山でのコッフェルやケトルも軽量タイプが良いですね。

 

 

デザイン性は勿論のこと、熱伝導性や注ぎ口なども重要です。

・軽量タイプかどうか

・熱伝導性が良い

・ドリップしやすい注ぎ口

この3点がしっかりしてれば、どのメーカーでも大丈夫。

 

・アウトドアバーナー

あとはバーナーがあれば一式揃いますね。

 

山頂は風が強いので、パワフルな火力のものがいいですよ。

おすすめはプリムスのウルトラバーナー。

軽量でコンパクトながら、安定した火力が魅力の定番バーナーです。

 

 

まとめ

山で仲間と語り合うシーンに淹れたてのコーヒーは至福の一杯ですね。手軽にコーヒーを飲みたい人も、とことんこだわりたい人も、お気に入りのアイテムで、山のコーヒータイムを楽しんでください。

関連記事