子どもたちを守れ!海水浴で知っておきたい海辺の生き物たちと安全対策について

Greenfield

子どもたちを守れ!海水浴で知っておきたい海辺の生き物たちと安全対策について 出典 公益財団法人マリンスポーツ財団

夏の海水浴場では様々なトラブルが発生しますが、今回は注意しておきたい海辺の生物やまさかの空からのいたずらなどを紹介したいと思います。海でのアクシデントは大人でも対処が大変ですが、子供たちを危険から未然に守れるように正しい知識と情報を得て、楽しい海水浴に出かけましょう。

 

長い触手のクラゲにご用心!

海水浴場にある救護所を訪れる子どもたちの大半はクラゲに刺されたことが原因です。

クラゲに刺されるのは海の中だけではありません。

砂浜に打ち上げられてているクラゲにも要注意です。

 

 

海水浴場にクラゲが発生していないかどうか、海に入る前にライフセーバーに聞いてみると良いでしょう。

特に、次に掲げるクラゲは遭遇する可能性が高く、毒性も強いため注意が必要です。

  • アンドンクラゲ

名前の通り行燈に似た透明の箱に長い触手が付いているような見た目で、自ら泳ぐことができるアンドンクラゲ。

体が透明なので水中で見つけるのは難しく、刺されると電気が走ったかのような強い痛みを感じることから電気クラゲとも呼ばれています。

お盆の時期に日本近海で多く発生するため、クラゲはお盆の時期という印象を人々に与えています。

 

  • カツオノエボシ

日本の太平洋沿岸で見られるカツオノエボシはアンドンクラゲよりも刺された時の痛みや毒性が強く、2度刺されるとアナフィラキシーショックに陥る危険性もあります。

透明な風船状の個体に青く細長い触手が付いており、その長さは10mを超えます。

自分で泳ぐ力はほぼなく、風の影響で海岸へ打ち寄せられ、打ち上げられた個体の触手を踏んでしまった際に刺されたり、興味本位で触ってしまい刺されたりする子どもが後を絶ちません。

海から浜に向かって風が吹いている時には特に注意が必要です。

 

浅瀬に潜むエイの恐怖

日本の海でもよく見かけられるアカエイは浅瀬に生息しており、平べったい胴体と長い鞭状の尻尾を持ち、尻尾の内部に10cmほどの毒針を持っています。

 

 

浅瀬や波打ち際で誤ってエイを踏んでしまうと、尻尾にある毒針で刺されてしまうことがあり、その毒性は強く激痛を伴います。

すでに死んでいるものであっても毒針は残っているので、絶対に触らないようにしましょう。

エイに刺された際は、なるべく早く医療機関に受診するようにしましょう。

 

ロックオンしたら逃さない!トンビの襲撃

海水浴場が昼食時を迎えるころ、どこからともなくやって来てスナイパーのように獲物を狙うトンビ

狙いを定めると背後から急降下し、手に持っていた食べ物を一瞬で奪い去ります。

 

 

食べ物があるとわかると二度、三度と急降下してくるため、持っていた食べ物をすべて奪われることもあります。

トンビは鋭い爪で食べ物を奪い去るため、急降下してきた際に手や顔に傷を負う方も少なくありません。

海水浴場でご飯などを食べる際は、なるべく屋根のある場所か壁際を選ぶようにしましょう。

また、レジャーシートに食べ物を出した状態で離れてしまうと、カラスに荒らされて無残な光景となってしまうことがあるので、すぐに食べない物はバッグなどの中へしまいましょう。

 

夏の熱さは足元から?!子どもの裸足は要注意!!

梅雨明けし、最高気温が30度を超えてくると熱中症についての注意喚起が盛んになります。

海水浴場の場合、炎天下の中長時間海や砂浜に居ると熱中症になる可能性がとても高くなりますが、真夏日に熱中症以外にも気を付けてほしいのが「低温やけど」です。

 

「低温やけど」とは、

強い日差しが照り付けると砂浜が熱くなり、裸足で歩くと足の裏を低温やけどしてしまうことがあります。

特に小さな子どもの場合、足の裏が熱いと感じてもどのように対処すればよいかわからず、さらに一歩、二歩と歩き続けてしまうため、症状が悪化してしまうケースもあります。

砂浜にはガラスの破片や貝殻なども多く、足を切ってしまうこともあるので、足を守るためにもなるべくサンダルなどを履いて歩くようにしましょう。

 

ライフジャケットの無料レンタルをご存知でしたか?

 

子どもが海に入る際、ライフジャケットを着せてあげられたら安心ですよね。

ライフジャケットは浮力を確保する以外にも、保温効果があったり、衝撃から身を守ってくれたりと大切な命を守るための機能をいくつも兼ね備えています。

でも、「年に数回しか行かない海水浴のためにライフジャケットを買うのはちょっと・・・。」と思われる方もいるのではないでしょうか。

そんな時に利用したいのがライフジャケットの無料レンタルです。

日本全国の海水浴場で実施されているものではありませんが、調べてみたら意外と近くの海水浴場でやっているなんてこともあるかもしれません。

海水浴場の数も多い神奈川県内では、

  • 逗子海岸海水浴場
  • 新居弁天海水浴場
  • 弁天島海水浴場
  • 材木座海水浴場
  • 由比ガ浜海水浴場
  • 金沢八景海の公園
  • 腰越海水浴場
  • 片瀬東浜海水浴場
  • 片瀬西浜海水浴場
  • サザンビーチちがさき
  • 湯河原海水浴場

こちらの海水浴場はライフジャケットの無料レンタルがあるので、
お近くの方はぜひ利用してみてください。

この他、静岡県や兵庫県などでも「ライフジャケットレンタルステーション」として、

WEAR IT! ライフジャケットを着よう!プロジェクト」を下記の団体が推進活動を行ってくれています。

全国に普及すると非常にうれしいですね!

 

 

公益財団法人マリンスポーツ財団

〒108-0073 東京都港区三田3-14-10 三田3丁目MTビル1F

 

 

 

 

まとめ

今回ご紹介した生き物以外にも、海辺にはたくさんの生き物が生息しています。特に、普段行かないような場所で海水浴をする際は、その地に生息する生き物を知る地元の方や現地のライフセーバーとコミュニケーションを図ることをお勧めします。せっかくの海水浴が苦い思い出とならないよう、海辺の危険生物について知ろうとする姿勢を大切にしてほしいと思います。

 

関連記事