【川遊び】どんな服装がいい?安全に楽しむための3つのチェックポイント

Greenfield

【川遊び】どんな服装がいい?安全に楽しむための3つのチェックポイント

アウトドアが初めての親子でも気軽に楽しめる川遊び。川は子供を自然に触れ合わせる絶好のフィールドです。しかし、一見穏やかに見える川でも、様々な危険が潜んでいます。安全に遊ぶためには、川遊びに適した服装選びが大切です。今回は、どんな服や靴を用意すればいいのかを、3つのポイントに分けて紹介します。しっかり確認して準備しましょう。

サンダルは危険!足にフィットするウォーターシューズを

 

靴選びは、川遊びの装備においてもっとも重要なポイントと言っても過言ではありません。

川遊びでは、次の条件を満たしているウォーターシューズやマリンシューズを選んでください。

 

  • 脱げにくい
  • 滑りにくい
  • 足全体を保護してくれる

 

「水遊びだからサンダルでいいよね?」と思っている人が非常に多いのですが、これは絶対にNGです。

川には流れがあります。

ビーチサンダルは、弱い流れでも簡単に流されてしまうため危険です。

実際に、流されたビーチサンダルを追いかけて深い場所まで行ってしまい、溺れてしまったという事故も起こっています。

さらに、川は苔などが生して思った以上に滑るため、皮膚がむき出しだと、川底の岩や小枝、落ちているガラスの破片などで怪我をしてしまう恐れもあります。

また、クロックスのようなかかとにベルトのあるサンダルも、川の流れの中では案外脱げやすいもの。

足にフィットしていないので水中で浮きやすく、滑って転びそうになった時にも踏ん張りがきかないためおすすめできません。

川遊び用のウォーターシューズは、靴底がしっかりしていて滑りにくく、川の中でも快適に歩けます。

水抜けがよく、通気性や速乾性があるのも特徴です。

また、足全体が包み込まれるため脱げにくく、思わぬ怪我からも守ってくれます。

最近は色々なメーカーからおしゃれなデザインのウォーターシューズが販売されています。

川遊びだけでなく、海や公園での水遊びにも使えるので、一足持っていると重宝しますよ。

 

 

 

速乾性のある素材&長袖が最適

 

服装については、次のポイントが大切です。

 

  • 速乾性のある素材
  • 長袖・帽子
  • 装飾などがなく、体にフィットするもの

 

コットンのTシャツやジーンズなどは乾きにくく、水を含むと重くなってしまい川遊びには向いていません。

ポリエステルやナイロンなど、速乾性のある短パンやTシャツがおすすめです。

 

 

もちろん水着でもOKですが、日焼けや虫さされを防ぐため、長袖のラッシュガードなどを着用するといいでしょう。

 

 

河原は直射日光が当たり熱中症になりやすいので、帽子も必須です。

オムツ着用の幼児の場合は、普通の紙オムツだと水を含んで膨らんでしまいますので、水遊び用のオムツを履いてください。

また、リボンなどの装飾や大きすぎる服は、予想もしないところに引っかかって大きな事故に繋がりかねません。

子供はすぐに成長するので大きめのサイズを買いたくなりますが、アウトドアの場面では安全面を一番に考えて、体にフィットするものを選んでくださいね。

 

 

浅い川でも、ライフジャケット

 

流れの緩い河原で遊ぶだけなのに、ライフジャケットは大げさでは?と思われるかもしれません。

しかし、子供は遊びに夢中になってどんどん深い場所に行ってしまうことがあります。

また川の地形は、浅く見えたとしても実は深くえぐれていたり、流れの強い場所が急に現れたりするので、甘く見てはいけません。

毎年多くの子供の水難事故を耳にしますよね。

実は、中学生以下の子供の場合、海よりも川での事故が多いのです。

たとえ浅い川であっても、必ずライフジャケットを用意してください。

万が一流されてしまっても、ライフジャケットを着用していれば助かる確率が格段に上がります。

子供用のライフジャケットは、ネット通販やホームセンターなどで1500円程度で購入できます。

幼児には、ウレタン内蔵で水に浮かぶスイムスーツなども販売されているので、そちらもおすすめです。

 

 

 

まとめ

川遊びを安全に楽しむためには、服装選びがいかに大切かお分かりいただけたでしょうか。近所の河川やBBQ会場の河原など、身近なフィールドで楽しめる川遊びですが、常に危険が伴うということを忘れないでくださいね。今回紹介したポイントを踏まえてしっかり準備をすれば、あとは天気の良い日に思いっきり楽しむだけです!

関連記事