持っててよかった!いざという時に役立つ、川遊びの持ち物リスト

Greenfield

持っててよかった!いざという時に役立つ、川遊びの持ち物リスト

川遊びを思いっきり楽しむためには、遊び道具以外にも大事な持ち物があります。川では、怪我や虫さされ、熱中症など、様々な緊急事態が予測されるからです。しかし、備えあれば憂いなし!今回は、川遊びに持っていくと役立つグッズや、見落としがちな持ち物を紹介します。

ライフジャケットは必須!着替えは多めに持って

 

ライフジャケット

川遊びの持ち物といえば、一にも二にもライフジャケット。

過去10年間で起きた川での水難事故は2900件にものぼりますが、そのうちライフジャケットを着ていて亡くなった事例は19件のみ。

実に全体の0.65%以下なんです。

万が一深いところに流されてしまっても、ライフジャケットを着ていれば、助かる確率がぐんと高くなります。

たとえ浅瀬で水遊びをする程度でも、好奇心旺盛な子どもはどんどん危ない場所に行ってしまうかもしれません。

決して大げさではないので、必ず着用させてください。

 

 

着替え

子供の水着や速乾性の衣服、ウォーターシューズなどはもちろん準備済みかと思いますが、意外と忘れがちなのが大人の着替え。

泳ぐのは子どもだけだから…と思っていたのに、一緒に遊んでいるうちにびしょ濡れ!なんてことはよくあります。

また、川に入らないからといって、大人がジーンズにビーチサンダル姿では、子どもが溺れてしまった時に助けに行けません。

子供用だけでなく、大人用のウォーターシューズ、川遊びに適した衣服も必ず用意してくださいね。

子供用も大人用も、余分に着替えを持っていくと安心です。

真夏でも、冷たい川の水で遊んだ後は体が冷えるので、長袖の羽織ものもあったほうがいいですよ。

 

 

タオル

濡れた体を拭く用途以外にも、冷えた体を包んで温められるよう、大きめのバスタオルを数枚用意しましょう。

その他に、汗拭き用のフェイスタオルや手ぬぐいも。

川の水で濡らして首に巻くと、ひんやりして気持ちよく、熱中症対策にもなります。

 

 

 

虫対策と日焼け対策をしっかりと

 

虫除け、虫さされの薬、ポイズンリムーバー

川には蚊、ブヨ、ヒルなどの吸血昆虫や、アブ、ハチなど刺されると危険な虫が生息しています。

虫除けスプレーやジェルなどは欠かせませんが、水遊びをしているとすぐに落ちてしまうので、こまめに塗り直してください。

効果はてきめんというわけではありませんが、虫除け効果のあるリストバンドなども、していたほうがいくらかはマシです。

また、刺されたときのかゆみ止め(抗ヒスタミン剤)の他に、ポイズンリムーバーも必ず持っていってください。

川遊びの季節はスズメバチが最も多くなる時期でもあります。

スズメバチに刺されると、最悪の場合アナフィラキシーショックで命を落とす場合もあるのですから、甘く見ずに備えておきましょう。

 

 

日焼け止めやサンシェード

川では日焼け対策グッズも必須です。

日焼け止めはなるべく水や汗で落ちにくいものを選びましょう。

皮膚が弱く日焼け止めが使えない子どもには、ラッシュガードの着用を。

 

 

もちろん帽子も忘れないでください。

紫外線は目からも入るので、サングラスもあるといいですね。

特に偏光レンズだと、水面の光が反射しにくいため、川の中がよく見えて安全に歩けます。

また、河原は日陰が無いことも多いので、休憩用にサンシェードなどの日よけスペースがあると快適です。

サンシェードは、着替える時の目隠しにもなるので便利ですよ。

 

 

いざという時に役立つもの

 

救急セット、真水

川遊び中に怪我をしてしまった時に備えて、最低限の応急処置ができるものを持っていきましょう。

消毒液、絆創膏、ガーゼ、テープ、はさみ、ピンセット、痛み止めの薬などは必須です。

 

 

その他にも、熱中症になってしまった場合に備え、貼るタイプの冷却ジェルなどもあると助かります。

水分補給の飲み物はスポーツドリンクが最適ですが、他に真水も用意してください。

飲料にもできますし、切り傷や擦り傷を負ってしまった時に患部を洗うために使います。

この場合、川の水は細菌が繁殖してしまう恐れがあるので使わないのが鉄則です。

 

ロープ、浮き輪やペットボトル

万が一子どもが流されてしまったときに備え、救助用のロープを用意しましょう。

ロープは水に浮きやすい素材のものが適しています。

 

 

ロープの先には浮き輪を括り付けてもいいのですが、おすすめは2リットルのペットボトル。

水に浮くのはもちろん、救助の際は中に少しだけ水を入れると重りになり、遠くまで投げやすくなるんです。

両脇の下に1本ずつ挟むようにすると、水中でバランスよく浮くことができ、救助しやすくなります。

 

 

まとめ

川遊びは危ないこともたくさんありますが、きちんと備えていれば大丈夫。安全対策に「やりすぎ」はありませんので、「もしかしたら必要になるかも?」と心配なものがあったら、とりあえず持っていきましょう。あとは楽しく遊ぶ道具や、思い出を収めるカメラがあれば準備はバッチリですね!

関連記事