大人女子として確認しよう!大切な登山のマナーのこと

Greenfield

大人女子として確認しよう!大切な登山のマナーのこと

山の中には、普段の日常とは違う独特のマナーがありますよね。知らない人同士で「こんにちは」と挨拶し合うのもその1つです。何も知らないで山に入ると、面食らってしまうかもしれません。「郷に入っては郷に従え」と言うことで、山へ行く以上はそのマナーを守りましょう。自分勝手な振る舞いは、大人女子としてナンセンス。山でのマナーは安全に登山をするため、豊かな自然を守るためにあるものです。この機会にもう一度山でのマナーを確認し、謙虚な気持ちで登山をしましょう。

周囲の人を気遣う余裕を持とう

基本的に山ですれ違う際は、登りの人が優先となります。

登りの方が苦しいため、ペースが崩れないようにとの配慮です。

必ず山側によけて、登る人が通り過ぎるのを待ちましょう。

しかし、かたくなにいつも登りの人を優先するというのではなく、状況によって柔軟に判断しましょう。

混雑している山などではお互いに声をかけ合いながら、譲り合う気持ち持つことが大切です。

自分の安全のためにも、周囲の人を気遣う余裕を持って登山をしましょう。

 

 

 

すれ違う人とは挨拶をしよう

見知らぬ人にも「こんにちは」の挨拶をしましょう。

山では経験が豊富な人ほど、爽やかに挨拶をしてくれます。

一説には、遭難した時に備え、顔の認識をお互いにするために挨拶をするとも言われています。

そのような目的もあるのかもしれませんが、まずは「こんにちは」の挨拶は山の文化だと受け入れましょう。

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえばとても気持ちが良いものです。

時には軽い会話などするのも楽しいです。

「あともう少しですよ、頑張って」と励まし合ったり、「どのコースで行くの?」など情報交換をし合ったりするのも良いですね。

そんな会話も楽しめるような、余裕のある大人女子はとても素敵です。

会話は少し難易度が高いので、まずは自分から積極的に挨拶をすることから始めてみましょう。

 

 

 

ゴミは必ず持ち帰ろう

山にはゴミ箱はありません。自分が山へ持ち込んだものは、責任を持って持ち帰りましょう。

間違ってもポイ捨てなどはやめてくださいね。

 

 

大人女子として恥ずかしいだけでなく、山を守る人々の気持ちを踏みにじる行為です。

ゴミ袋を持参することはもちろんのこと、なるべくゴミが出ないように装備の工夫をしましょう。

 

 

小分けの袋に入っている行動食は、ジップロックやナルゲンの中にまとめておくと良いでしょう。

 

 

 

トイレのマナーを守ろう

街とは違い数が限られているので、トイレの場所は事前に確認しておきましょう。

ティッシュなどを持参することも忘れずに。

 

 

山のトイレは有料であることが多く、100円程度を専用ボックスに入れるようになっています。

小銭を用意しておくと良いでしょう。

山にあるトイレは建築にも維持にも膨大な費用がかかっています。

トイレがあるからこそ、快適に登山できることに感謝したいですよね。

山小屋のトイレも借りることができます。声をかけてから、使用しましょう。

 

 

長時間トイレがないような場所を歩く場合には、携帯トイレを持参することをおすすめします。

なるべく山を汚さないように心がけましょう。

 

 

 

植物を守る気持ちを持とう

登山中は珍しい植物を目にすることも多いですよね。

 

 

高山植物は山でしか見ることのできない貴重な存在です。

美しくはかなげなその姿に、ずっと見ていたいと思いますよね。

その気持ちは分かりますが、山の植物を持ち帰って家に飾ろうなどと思わないように。

山にあるものは、山のものです。

自分勝手に植物を伐採する人が増えると、その場所が立ち入り禁止区域に指定されることもあります。

誰かの自分勝手な行動が、自由な山歩きを奪うことになるのです。

また、写真を撮ることに夢中になって、登山道以外に入ってしまわないように注意しましょう。

貴重な植物を踏み荒らしている場合があります。

私たちが登山を楽しめるのは、山から豊かさを分けてもらっているからです。

山の豊かな自然を後世につなげるためにも、植物を大切にする気持ちを持ちましょう。

 

 

 

動物にエサを与えないようにしよう

山を歩いていると、動物に遭遇することもあります。

ライチョウやニホンカモシカのような特別天然記念物や、ニホンザルやシカ、リスやホンドテンなどに会えることもあります。

その可愛い姿についエサをあげたくなりますが、野生動物にエサをあげるのは絶対にやめましょう。

1回エサを与えてしまうと、自分でエサを取らなくなり最終的に死に至ることがあります。

あなたが気軽にエサを与えることが、動物の命を奪っていることを自覚しましょう。

野生動物を見かけたら、騒いだり近づいたりせずソッとしておくのがマナーです。

 

まとめ

大人女子として登山のマナーを確認できたでしょうか。自分たちで持ち込んだものは、必ず持ち帰ること。山にあるものを奪わないこと。なるべく山に干渉しないこと。山を自分たちのものと身勝手に思わず、「お邪魔させて頂いている」という気持ちを持ちましょう。山の恵みに感謝しながら、登山ができる大人女子になりましょうね。

関連記事