アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

少炎・少煙グリル「SUMI BE BOX」は遠赤外線で食材の中からも熱を通す!

少炎・少煙グリル「SUMI BE BOX」は遠赤外線で食材の中からも熱を通す!
少炎・少煙グリル『SUMI BE BOX』は油や水分が火元に落ちないから、炎が出にくく、煙も少ない!グリルはホーロー仕上げのアイアン製。焦げ付き難く、蓄熱性もよく、遠赤外線で食材を中から温めます。収納便利な箱型デザインで、ボディはオールステンレス製で洗いやすく、歪みにくいので長く使えます。

少炎・少煙グリル「SUMI BE BOX」

炭火BBQを突き詰めた、炎が出にくく、煙も少なく、遠赤外線効果によって中からじっくり焼いてくれるグリルです!

少炎・少煙グリル「SUMI BE BOX」

今までにもグリル付きの焚き火台をリリースしてきたTIFGですが、今回はとにかくグリルに求められる機能にフォーカスし、さらに一歩踏み込んだ設計を試みました。
私たちがまず着目したのは、薪を使う焚き火台ではなくBBQグリルを使う意義。炭火を使うグリルの醍醐味は、素材の旨味を生かして炭火でお肉や野菜を調理するということ。
薪ではススが出たり、火力が安定しませんが、その点において炭は煙も立たず、火も安定させやすいのが長所です。

少炎・少煙グリル「SUMI BE BOX」

暖もとれるし揺らめく炎を眺められる焚き火ですが、焼き物を極めるには難点も……。

少炎・少煙グリル「SUMI BE BOX」

そこで、どうしたらより炭火料理を美味しくできるだろう? と考えた末、行き着いたのは「グリルプレートから滴る油や水分を、炭に落とさない」ということでした。
お肉が黒焦げになってしまうというのは、炎がお肉に触れて脂に引火するから。もしくは、油が火元に落ちることによって炎があがって火力が変化するからです。
また、煙が出てしまうのも同様の理由からなので、TIFGは「油や水分が火元に落ちにくい、少炎・少煙のグリル」を作り上げました。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事