ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

SPiCYSOL(スパイシーソル) キャンプインタビュー with Greenfield vol.2 プライベート編

SPiCYSOL(スパイシーソル) キャンプインタビュー with Greenfield vol.2 プライベート編
2021年4月7日にWarner Music Japanより配信リリースされたデジタルEP『ONE-EP』にて、遂にメジャーデビューを果たしたSPiCYSOL。彼らとのGreenfieldキャンプ&インタビュー連載企画第2弾は、プライベートやライフスタイルを中心にお話を伺いました。
 
SPiCYSOL(スパイシーソル) キャンプインタビュー with Greenfield vol.1 音楽編はこちら

プライベートの過ごし方

SPiCYSOL

ー普段メンバーの皆さんはプライベートで何をされているのですか? またメンバー同士よく会ったりするのですか?

AKUN:よく一緒に会ってましたね。コロナ禍以前はプライベートでもよく一緒に飲みに行ってましたし、たまたま行ったお店でメンバーにばったり遭遇したりというのも結構ありました。僕は一昨年まで都内に住んでいたんですけど、その時は友人がやっていたっていうのもあって、行きつけのお店が僕とKENNYが被っていたんです。だからそこでメンバーが自然に集まったりとか。打ち上げもそこでそれなりにやったりしてましたね。

PETE:今は僕とKENNY、AKUNの3人が茅ヶ崎在住なので、制作活動する時にもよく集まったりしますね。

 

茅ヶ崎に居を移した理由

SPiCYSOL

ーお三方は茅ヶ崎在住とのことですが、東京で結成して都内在住だったのにもかかわらず、なぜ茅ヶ崎に引っ越したのですか?

AKUN:そこに関しては、まずコロナがきっかけで引っ越したと勘違いされがちなんですが、実はコロナ禍前に引っ越してるんです(笑)。
ただそれが去年の初頭という時期だったので、すぐにコロナ禍になってしまったんですが。

KENNY:僕は以前から海の近くに住みたいなって思っていて。実際周りの知人も茅ヶ崎に住んでる方が多くて、いろいろと話を聞いてたらすごく魅力的な街だなって思って。その時にはもう茅ヶ崎に引っ越しを決めていましたね。

PETE:以下同文です(笑)

ー茅ヶ崎についていろいろな話を聞いていたとのことですが、どんな土地だと聞いたのですか?

AKUN:そもそもは逗子から茅ヶ崎まで湘南エリアを広く探していたんです。ただ僕は飲みに行くのが大好きなので、諸先輩方にそういう話をしたら絶対に茅ヶ崎が良いよって。だから実際に下見とまではいかないですけど飲みに行ってみたんです。そうしたら東京でいう三茶(三軒茶屋)のような個人経営のお店がすごくたくさんあるし、話をした先輩方から紹介してもらった人達も自分らと雰囲気が近いというか、気が合う人達ばかりだったので、ここで決まりでしょ! って感じでしたね。

KENNY:まあ厳密に言うとメンバー各々で引っ越した理由や経緯は微妙に違うんですけど、大まかに言うとだいたいそんな感じです。飲みニケーションは大事です!! みたいな(笑)。

ー都内から茅ヶ崎に引っ越してライフスタイルはどのように変わりましたか?

PETE:制作活動にかなり影響というか、インスピレーションが湧きやすくなりました。自分がよく通る散歩コースに砂浜にウッドデッキが敷いてあるスポットがあるんですけど、そこからの景色が最高で。水平線が一面に見えて、右側からは富士山が覗いて逆側には江ノ島が見えるっていうロケーション。そんな絶好の景色が目の前にあるから、何か考え事がある時は大体そこに行ってます。
そうすると心が洗われるような感じがして、いいインスピレーションが沸くんです。

 

地元のお気に入りスポット

SPiCYSOL

ーでは皆さんの茅ヶ崎のお気に入りスポットを教えていただけますか?

PETE:僕は「Froggies」って言うライブができるBarを推したいですね。実は結構有名なミュージシャンもライブをしていて、フラッと寄ってその場で流れている音楽を楽しんでいます。あとは店長さんがすごく面白い人なのでそれもポイントですね。

AKUN:Froggiesは毎週土曜日にライブがあるんですけど、それが弾き語りだったりするとその場で飛び入り参加させられて、曲知らないのに弾かされた事もありました(笑)。

KENNY:それで最近アドリブ力強くなったんだな。Froggies仕込みか~。(一同爆笑)

PETE:まあそういう感じで、地方ならではのゆるいセッションもできちゃうライブバーなんです。

AKUN:自分はサザンビーチの近くにある「ヨゾラ」っていうもつ焼き屋さんによく行ってます。ココはまぁとにかく酒が濃い(笑)。それにもつ焼きも塩っぱいから自然と酒が進むんです。だからもうむくみまくりで次の日が辛いみたいな(笑)。それでもついつい行っちゃうくらい美味しんですよ。

KENNY:「DIG IN」っていうサンドイッチ屋さんですね。実はここの店長とは縁があって、もともとはKAZUMAがアルバイト時代に働いていたお店の上司なんですよ。ただアルバイトなので、しばらくしてそこは辞めちゃったんですけど、何年か後に僕らが新宿のビアガーデンでライブしたら、偶然そこでも店長をしていて。その時も「ヨシっ、今日は皆飲み放題だ!」って言ってくれるような男気ある店長なんですけど、この時に茅ヶ崎にサンドイッチ店を出すんだって話をしていたんですよね。もちろんその時は引っ越す予定もなかったしおめでとうございますって受け流す程度だったんですけど、いざ引っ越してみたら実は家の近所だったんです (笑)。そういう不思議な縁ってあるものだなというか。もちろん味も最高なので、皆さんぜひ行ってみてください。

 

ページ: 1 2 3
   
   

キャンプカテゴリの最新記事