アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

SPiCYSOL(スパイシーソル) キャンプインタビュー with Greenfield vol.1 音楽編

SPiCYSOL(スパイシーソル) キャンプインタビュー with Greenfield vol.1 音楽編
2021年4月7日配信リリース、1stデジタルEP『ONE-EP』を提げてWarner Music Japanより満を侍してメジャーデビューとなったSPiCYSOL。皆さんアウトドア好きということもあり、そこでGreenfieldインタビュー企画としてキャンプがてら彼らにお話を聞いてきました。第一弾は彼らの音楽観について。
 

SPiCYSOL プロフィール

KENNY(Vo)、AKUN(Gt)、KAZUMA(Dr)、PETE(Key,Trumpet,Cho)の計4名から成る
“The Surf Beat Music” を掲げ、独自の進化を遂げたCityとSurfが融合する新世代ハイブリッド・バンド。
人気プレイリストに常に選曲されるなどネットを中心に注目を集めており、2021年4月7日(水)デジタルEP「ONE-EP」をもってワーナーミュージック・ジャパンより待望のメジャーデビューを発表した今まさに”波に乗っている”バンド。

 

 

感覚的な引っ掛かりで生まれたバンド名

SPiCYSOL

ーバンド名はAKUNさんが「SPICY(刺激的な)」の名を入れたかったから、当時KENNYさんが「太陽(SOL=ローマ神話の太陽神etc)のタトゥーを入れたかったそうですが、なぜそれらを入れたかったのですか? 合わせてバンド名は i だけ小文字ですが、そこに理由はあるのでしょうか?

AKUN :刺激が欲しいなと思って「SPICY」を入れたいと…。

KENNY:カラッと晴れた夏に合うような太陽感が似合う音楽をやりたくて、太陽って意味であるSOLを入れたかったんです。語学堪能な友人にSOLが入ったキーワードをいくつか一緒に考えてもらっていて、その中でSPICYかSOLが入ってる単語を色々出してもらってたんですが、SPiCYSOLでも合うかもってなったんです。
それと、正直小文字の i に理由はないです(笑)。愛がまだ足りないのかも(笑)。

 

ー単語を色々出してもらってとのことですが、「SPICY」や「SOL」以外の、バンド名候補案もあったのでしょうか?

KENNY:それが他の候補名は意外と覚えていないんですよ。覚えているのはカッコイイ横文字だったな、くらいです。ただいくつか候補があった中で、SPiCYSOLって言葉が出てきた時だけなぜかクスッと笑ったんです。SPiCYって何よ!? みたいな(笑)。
他はうんうんと頷きながら聞いていたのに、そこだけ笑うっていうことは、何か感覚的な引っ掛かりがあったんだと思うんですよ。その時直感的にこの引っ掛かりは大切にした方がいいんじゃないかって思って、あえて笑ったものにしたんです。
それにSPiCYSOLの文字をくっつけたら他に使っているところもなかったので、いいんじゃない!? って感じで決まりました。

 

メンバーそれぞれの音楽観

SPiCYSOL

ー目標にしているアーティストや憧れのアーティストがいればその方の好きな曲と共にお教えください。

AKUN:自分はジョン・メイヤーの『Gravity』ですね。やっぱりギタリストとしては、ギターを弾いている様とかルックス、音もファッションも含めこの人は外せないっていう感じです。

KENNY:僕はブルーノ・マーズの『Just the way you are』を挙げたいです。
彼はデビュー当時ポップスを歌っていて、そこから徐々にファンクに移行していくんですが、その彼の器用さとセルフプロデュース能力に同じミュージシャンとして魅力を感じますね。
というのも、彼はもともとカリフォルニアでプロデュースチームをやっていて、何人かヒットさせて感覚を掴んだ上で満を持して自らデビューしてるんです。その時にものすごく自分を俯瞰して見れているなと思いました。もちろんソングライティング力のセンスとずば抜けた歌唱力も併せ持っているので、ビジネスと技術の両面で魅了されたのが彼でしたね。
『Just the way you are』は彼のデビュー曲なんですが、ここに彼自身悟っていたかのように皆こういうのが好きなんでしょ!? ってゴリゴリの王道ポップスを持ってきたのもさすがだなと思いました。

KAZUMA :じゃあ自分は変化球で松山千春さんの『大空と大地の中で』にします!
って言うのも自分はカラオケで遊ぶのが好きなんですが、その分時間が深くなりがちなんです。それでそろそろ帰りたいなって時にこの曲を歌うと皆が帰ろうかなっていうテンションになるんですよ(笑)。
なので好きというか、いろんな意味ですごくお世話になっている曲という感じです(笑)。

PETE :じゃあ最後は正統派でスティービー・ワンダーの『Ribbon in the sky』を挙げさせてください。もともとスティービー・ワンダーは全般的に好きなんです。天才的なアイデアを持っていて、だいたいの曲はセッションみたいな感じで遊びながらやっているように見えるのに、めちゃくちゃカッコいい曲もすごく甘い曲も作れちゃうって言う。それでいて歌もヤバいし、いろんな楽器も一人でできちゃうんです。神って呼ばれてるけど、呼ばれるに相応しい尊敬する存在ですね。だからずっと聴き続けているし、今の自分のコード感にも彼の影響はあると思います。『Ribbon in the sky』は、そんな自分がピアノでポップスをやり始めた時に、初めてコピーした曲なんですよ。

 

ーブラックミュージックのフレーバーを、サーフとシティ・ロックに昇華させたような、爽やかかつPeacefulな楽曲が特徴であると思うのですが、どのようにしてこの世界観を作り上げるに至ったのでしょうか? またその際大事にしていることや、楽曲制作のインスピレーションはどんなところから来るのかも教えてください。

KENNY:音楽に対する価値観がそれぞれ違う4人が集まってメンバーになったら、自然とこの世界観になりましたって感じです。バンドの世界観を創り上げる上でやっぱりメンバーのルーツミュージックっていうのはかなり大きな存在で、今まで何を聞いてきたっていうのもぞれぞれ違うし、当たり前なことですけど皆年齢も違えばその時流行ってたものとかもきっと違うんです。だからこそ、それぞれの価値観が釣り合うようなバランス感は大切にしています。

AKUN:茅ヶ崎に住んでから海が近くなったので、そういう自然だったりまさにキャンプの時とかインスパイアされます。その上で耳に入りやすいというか、聴きやすさっていうものは常に意識しています。

PETE :自分も今は茅ヶ崎在住なので、楽曲制作時はお気に入りのスポットを散策したりしながら、景色を思い浮かべていることが多いです。そうすると心がスッキリするんですよ。

ページ: 1 2 3
   
   

キャンプカテゴリの最新記事