アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

競技スキーとは?レジャーと違う競技スキーの種目を徹底解説

競技スキーとは?レジャーと違う競技スキーの種目を徹底解説
ウィンタースポーツの代表格でもあるスキー。オリンピックの花形スポーツでもありますが、レジャースキーとは違い、競技スキーはこまかく分類されています。今回は、競技スキーの基本知識に絞って種目や特徴を解説。レジャースキーとの違いも紹介していきます。

競技スキーとは?レジャースキーとどう違う?

競技スキー

スキーと一口に言っても、レジャースキーと競技スキーがあります。

レジャースキーは、名前の通りレジャーの一つとして楽しむためのスキー。速さや演技などを気にせず、自由気ままに滑走してスキーを楽しみます。

対して競技スキーはスピードや演技力を競います。気持ち良いほどの疾走感やアクロバットな空中演技などを取り入れるなど、およそ6つの種目があります。

 

基礎スキーとはどう違う?

競技スキー

競技スキーの一つとしても数えられる基礎スキー。基礎スキーは特に秒速や演技力が必要ではなく、美しく規則正しくターンできているかのスキー技術が問われます。

基礎スキーの力量を測るには技術検定と大会があり、検定は全日本スキー連盟(SAJ)で認定を受けた審判員が査定します。点数が規定のボーダーに達したものが、等級ライセンスを受諾できます。

ページ: 1 2
   
   

ゲレンデスキーカテゴリの最新記事