ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

キャンプの必須アイテムウインドスクリーンとは?風の強い日に大活躍

キャンプの必須アイテムウインドスクリーンとは?風の強い日に大活躍
人の手ではどうにもならない自然現象のひとつに風があります。バーナーを使って調理しているときには、風がおさまってくれるのを待つしかありません。そんなときにあると大助かりするのがウインドスクリーンです。今回はウインドスクリーンを特集します。

キャンプの必須アイテムウインドスクリーンとは?

キャンプ ウインドスクリーン

ウインドスクリーンとはなにか、どんなときに使うのかについて解説します。

ウインドスクリーンとは

キャンプ場で強風が吹いていると、バーナーの炎が真横になびいて調理どころではなくなってしまうことがありませんか?また、焚火のときには風で火の粉がとびちって火災の原因にもなりかねません。

そこで大活躍してくれるのがウインドスクリーンです。ウインドスクリーンは風を防いでくれる壁の役割をしてくれるので、炎が強風に影響されず安定した火力で調理がおこなえます。

ブッシュクラフトでは焚き火の時に、風をさえぎるための壁をそのへんに落ちている木などで作ることがありますが、素材が自然のものから人工のものに変化したと考えたらわかりやすいでしょう。

ウインドスクリーンはどんなときに使う?

キャンプ場でよく見かけるウインドスクリーン。具体的にはどんなときに使うと便利なのでしょうか。

風があって着火しないとき

焚火などをはじめるとき、着火をさまたげるのが風です。できるだけ風のない状態で小さい炎から大きな炎へと育てていかなくてはなりません。

ウインドスクリーンがあれば、風で小さい炎が消える心配がなくなります。

風が強くて炎が上にむかって燃えないとき

風が強いと炎が真上にむかってのびないので、バーナーの上でお湯を沸かそうとしてもいつまでたっても沸騰してくれません。

ウインドスクリーンをつかって炎に風があたらないようにまわりを囲むことで、風を気にすることなく調理や焚火ができます。

とくに海辺では朝方と夕方によく風が吹くので、ビーチでキャンプをする場合は持っていると便利です。

燃焼効率を高めたいとき

バーナーの周囲をおおうことで、熱が外に逃げにくくなり空気のとおり道が安定するため、燃焼効率が高くなります。

一定の温度で調理したい場合(ご飯を炊くときなど)、風が吹くたび燃焼効率と温度が下がっていたのではおいしく炊けません。ウインドスクリーンがあれば、温度を一定に保つことができます。

 

ウインドスクリーンの種類と転倒防止対策

キャンプ ウインドスクリーン

ウインドスクリーンの種類と転倒防止対策について説明します。

ウインドスクリーンの種類

ウインドスクリーンは

  • バーナーの周囲を局所的にかこむタイプ
  • 焚火などの大きな炎を少し離れたところでかこむタイプ

大きくわけて2種類あります。

バーナーの周囲を局所的にかこむタイプは10枚程度の金属板をつなぎあわせたものが一般的です。焚火などの大きな炎を少し離れたところでかこむタイプは四角い幕を広げて支柱を打ち込み使用します。

素材はバーナー用は金属素材が多いのに対して、焚き火用は燃えにくいテント素材でできたものが多いようです。

ウインドスクリーンの転倒防止対策

金属素材のウインドスクリーンは設置すると円筒形になるため、基本的に倒れにくい構造をしています。強風のときには、バーナーもろとも倒れるおそれがあるので、石などを周囲に配置して固定するとよいでしょう。

固定する箇所を増やすと安定感も増します。また、地面にピンを突き刺して固定できるタイプもあります。

テント素材のウインドスクリーンは支柱を打ち込んだあと、さらにペグなどで固定することで倒れにくくなります。

キャンプ道具カテゴリの最新記事