ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

イヤーウォーマーで冬のロードバイクを快適に!種類とおすすめもご紹介

イヤーウォーマーで冬のロードバイクを快適に!種類とおすすめもご紹介
冬のロードバイクのとき、寒さで耳が痛くなってしまったことがあるという人は多いのではないでしょうか。そんなときには、イヤーウォーマーが最適。どんな種類があるのかや通勤通学、街乗り、ライド向けなど、用途別の選びかたもご紹介します。

イヤーウォーマーの種類は3つ

ロードバイク イヤーウォーマー

イヤーウォーマーは大きくわけると

  • バンドタイプ
  • バックアームタイプ
  • フレームレスタイプ

上記3つの種類があります。簡単に特徴を説明しましょう。

イヤーウォーマーの種類:バンドタイプ

ヘアバンドのようになっているウォーマーで、頭にフィットするので、スポーツ中でもずれたりすることが少ないのが特徴です。あたたかいだけでなく速乾性にすぐれていてかさばらないので、その上からヘルメットをかぶることもできます。

イヤーウォーマーの種類:バックアームタイプ

名前のとおり、アームが首の後側になるので髪がみだれる心配が少なく、帽子やヘルメットもその上からかぶることができます。

バンドタイプやフレームレスに比べて、耳全体が圧迫されるため音が聞こえにくいので、選ぶ時は通気穴などがあって、外の音が聞こえるようになっているタイプを選ぶといいですよ。

イヤーウォーマーの種類:フレームレスタイプ

耳の部分にすっぽりとかぶせるだけの、小さくて手軽なタイプ。アームやバンドがないので、髪がみだれることもありません。

耳のサイズによって、装着しにくいタイプもあるので、口コミなどをチェックして、装着しやすいものを選びましょう。

 

イヤーウォーマーの選びかたを用途別にご紹介

ロードバイク イヤーウォーマー

普通のライドや通勤通学などの用途によって、最適なイヤーウォーマーのタイプが変わってきます。ここでは、用途別に選びかたをご紹介します。

ガッツリ目のライドにはバンドタイプ

ロングライドや激しいライドには、バンドタイプが最適です。バンドタイプならズレにくいですし、その上からヘルメットをかぶっても、違和感がほとんどありません。

また吸汗性や速乾性などの機能があるタイプを選べば、汗をかいてもすぐに乾くので不快感もなく、快適にライドできます。

通勤通学には帽子やヘルメットもかぶりやすいバックアームタイプ

通勤や通学には機能性も大切ですが、見た目のおしゃれも重要です。それを考えると、バックアームタイプがおすすめ。

デザインもいろいろなタイプがありますし、保温性の高い裏起毛などを使っているものを選べば、寒さもしっかりと防いでくれます。

街乗りにはフレームレスタイプがおしゃれ

街乗りには、着脱が簡単なフレームレスタイプが最適。寒さから守ってくれるだけでなく、着用しても周りの音がしっかりと聞こえ、それでいて邪魔になりません。

コンパクトなので、ポケットなどに入れておいて、必要なときだけ出して使用するといったことも可能。こちらも素材やデザインや多いので、いくつか用意しておき、その日の服に合わせて使うのもおしゃれです。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
PEARL IZUMI(パールイズミ)
¥2,530 (2021/10/21 16:45:02時点 Amazon調べ-詳細)

ロードバイクカテゴリの最新記事