ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【保存版】冬キャンプは2ルームテントで快適に!ファミキャンにもおすすめのテントも

【保存版】冬キャンプは2ルームテントで快適に!ファミキャンにもおすすめのテントも
最近は冬キャンプを楽しむキャンパーも増えてきました。しかし冬キャンプは寒さがつきもの。どうしてもテント内で過ごす時間が長くなりますよね。そんなときにおすすめなのが2ルームテントです。今回は快適に過ごせる2ルームテントをご紹介します。

冬キャンプには2ルームテントがおすすめ!

冬キャンプ 2ルームテント

冬キャンプは寒いからこそ楽しめることもたくさんあり、ベテランだけではなく初心者キャンパーも楽しむ人が増えてきました。

焚き火を囲んで過ごす夜、あたたかなお料理のおいしさ、きれいな空気と静まり返った周囲の景色、虫がいなくて快適など、魅力的なことがたくさん。

ときには、雪が降ることもあるでしょう。小さな子どもがいるファミリーキャンパーは寒さ対策をしっかり考えたいと思うのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが2ルームテントです。2ルームテントとは、その名の通りテントのなかに2つの活動スペースを設けられるテントのこと。

寝室になるスペースと、食事などして過ごすリビングスペースが取れるから、外に出ることなく寒さをしのぎながらキャンプができるんです。

2ルームテントがあれば、リビングスペースを作るためのタープを別に張ることもないので、準備する手間もはぶけます。また、キャンプ場にいながら、自宅で過ごすようなリラックス感を得られるため、人気が上昇しています。

では、2ルームテントにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

2ルームテントのメリット・デメリットとは

冬キャンプ 2ルームテント

2ルームテントのメリット

2ルームテントのメリット①外に出なくてもリビングがある

リビングスペースがあるので、テントのなかでゆったりと過ごすことができます。寝室でリラックスしたりチェアに座ってくつろぐといったことも可能です。

2ルームテントのメリット②テント内で食事作りもOK

寒い冬、雨や雪のときも心配することなくテント内で調理ができるのは大きな利点です。その際はじゅうぶんな換気をし、火がテントに燃え移らないよう気をつけて調理をしてください。

2ルームテントのメリット③ストーブなどを入れてあたたかく過ごせる

ベテランキャンパーさんになるとコットンなどの難燃性テントで、薪ストーブやポータブルストーブを焚き、あたたかく過ごしているのを見かけます。外が寒くても、あたたかなテントのなかで快適に過ごすことができますよ。

こちらも火災や換気にじゅうぶん気をつける必要があります。また、薪ストーブなどを設置する際は一酸化炭素中毒を防止するセンサーなどの用意が必要です。

2ルームテントのデメリット

2ルームテントのデメリット①設営に時間がかかる

2ルームテントは大きいので、設営するにはいくつものポールを立てたり、ペグ打ちをしたり、幕をはるにも時間がかかります。なかには一人で設営するのが難しいテントもあるでしょう。

2ルームテントのデメリット②重量があるので持ち運びが大変

2つ分のテントが1つになっているイメージの2ルームテント。重さは軽いものでも20kg前後はあるので、持ち運ぶのが大変なことも。また、収納時のサイズも大きさがあるので、保管場所も考えなければなりません。

2ルームテントのデメリット③濡れた場合の乾燥が大変

雨や雪にあたって幕が濡れた場合、天気がよければたたむ前にキャンプ場で干すこともできますが、自宅に持ち帰り乾燥する場合は干すスペースが必要になります。テントも大きいので乾燥にも時間がかかることでしょう。

キャンプ道具カテゴリの最新記事