アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

登山にコンデジを持って行こう! 登山向けコンデジの選びかたやおすすめも

登山にコンデジを持って行こう! 登山向けコンデジの選びかたやおすすめも
美しい風景はできるだけ一眼レフカメラで撮影したいもの。しかし、重い一眼レフカメラやミラーレスを携えての登山は大変です。そこで今回は、一眼レフカメラやミラーレス並みの性能を備えながら軽量でコンパクトな登山におすすめのコンデジを紹介します。

コンデジはとっても便利!

登山 コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)

コンデジとはコンパクトデジタルカメラを短くした用語です。なにかと荷物の多い登山のときには、とても便利な撮影アイテムです。ここでは登山のときにコンデジを携行すると良い理由を説明します。

①軽くて持ち運びに便利

コンデジは小さくてコンパクト、そのうえ軽量であるため登山に持って行くのに大変便利です。

重たい一眼レフカメラやミラーレスカメラと違って、すぐ取り出せて撮影できるという機動性を備えているところもコンデジの素晴らしいところです。

②一眼レフに劣らない画質

最近のコンデジのなかには一眼レフに劣らないほどの高画質を備えたものが出てきています。わざわざ重たいカメラを登山に持ち歩く必要性がなくなりつつあります。

③安価

コンデジの大きなメリットとしてお手頃価格で購入できるという点が挙げられます。

山は足もとが悪いため、落としたり転んだりして何十万円もする高価な一眼レフカメラやミラーレスカメラを壊してしまう可能性だって少なくないでしょう。

その点、コンデジであれば気軽に持ち歩くことができます。

 

登山に持っていくコンデジ選び方のポイント

登山 コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)

登山に持っていくコンデジ選びのポイントについて紹介します。

選び方のポイント①防水機能

山の天候は変わりやすいため、防水機能を備えたコンデジを選ぶことが大切です。

防滴性能(水しぶき程度ならOK)を備えたカメラもありますが、登山に使用するなら水に濡れても壊れない防水機能を備えたタイプがおすすめです。

選び方のポイント②コンパクトで軽量

ほとんどのコンデジは軽量でコンパクトです。そのなかでもさらに携帯に便利な軽いタイプのコンデジを選ぶようにしましょう。

選び方のポイント③画質

コンデジの多くは内臓するセンサーサイズが小さいため、一眼レフカメラやミラーレスカメラに比べて画質が落ちる傾向があります。センサーサイズの単位はインチで表します。

多くのコンデジが1/2.3(0.43インチ)インチサイズのセンサーを搭載していますが、最近は1インチサイズや4/3インチサイズ(1.33インチ)のタイプも登場しています。

選び方のポイント④耐寒性能

冬山登山の場合は、気温が零度を下回ることが多いため、耐寒性能を備えたコンデジの携帯が必須となります。

耐寒性能はマイナス○度というように表示されています。登山に持っていくコンデジはマイナス10度と表示されているものがおすすめです。

選び方のポイント⑤耐衝撃性能

コンデジの耐衝撃性は「高さ2.1m /100kgf」というふうに表示されています。2.1mの高さから落としても大丈夫で100㎏までの荷重に耐えるという意味です。

選び方のポイント⑥価格

一口でコンデジといっても、高価格帯のものから低価格帯のものまでさまざま。できるだけ低価格で高機能のコンデジを選ぶことが重要です。

ページ: 1 2
   
   
OLYMPUS(オリンパス)Tough TG-6 ブラック1200万画素 デジタルカメラ【あす楽対応_関東】【送料無料】
パナソニック コンパクトデジタルカメラ LUMIX(ルミックス) DC−FT7−D(オレンジ)
【送料無料】ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

登山カテゴリの最新記事