冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

キャンプ道具の収納法!あなたにぴったりなキャンプ道具の収納方法が見つかる

キャンプ道具の収納法!あなたにぴったりなキャンプ道具の収納方法が見つかる
   
キャンプ道具の収納方法、みなさんはどのようにしていますか?テントや寝袋といった大きなものから食器類などの細かなものまである、たくさんのキャンプアイテムをどのように収納したらよいのでしょうか。効率的な方法はないか調べてみました。
   

キャンプ道具・アイテム:わが家の収納方法をご紹介

キャンプ道具・アイテム 収納

わが家は家のなかに収納スペースがほとんどありません。キャンプ時の移動手段である車も軽自動車なので、収納スペースが限られます。

そのため、キャンプ用品はなるべく集めず、また購入するときはコンパクトなものを選ぶようにし、キャンプ道具のなかでも、いちばん大きなテント・寝袋はピッタリサイズの折りたたみ式コンテナへ入れて保管しています。

本来ならば寝袋は定期的なお手入れをするのが良いのでしょうが、わが家はシーズンに入る前に収納袋から取り出して陰干しをしたり、自宅で眠るときに使うなどして、空気に触れさせています。

折りたたみ式コンテナは、使わない時は折りたためば薄くなりかさばりません。また、キャンプ地ではさまざまな荷物を入れたり、持ち手があるので運んだりするのもとても楽なので大活躍してくれています。

持ち手がついているので、子どもも積極的に荷物運びを手伝ってくれますよ。調理器具・照明グッズなど細かいものは100円ショップで購入した持ち手付きの収納バッグに分けて入れています。

収納バッグは大きく開き中身が見やすいこと、使わないときは小さく折りたためること、撥水加工がしてあることが気に入っています。

キャンプ道具はなるべく増やさないようにはしていますが、コンテナに入らないものも結構あるんです。

家のなかに置き場所がないない、キャンプアイテムがバラバラになってしまい見た目が良くない…など悩みは尽きません。そこで、もっとよい収納方法はないだろうかと思い、調べてみました。

 

キャンプ道具:アイテムごとに収納する方法

キャンプ道具・アイテム 収納

方法①スチールラックを使う

自宅に収納スペースがあるのなら、スチールラックを置いてみるのはいかがでしょうか。スチールラックは丈夫で耐荷重があり、収納するアイテムによって棚の高さをいつでも自由に変えることができます。

キャスター付きのものを選べば、移動も楽にできます。上段にはキャンプグッズなどのシーズン商品を、中段や下段には常に使うものを配置するなど工夫をすればとり出しやすくなりますよ。

アイリスオーヤマ ラック メタルラック 3段

アイリスオーヤマ ラック メタルラック 3段 防サビ加工 幅91×奥行46×高さ90cm ポール径25mm スチールラック サビに強い 本体 MR-9009

方法②自宅の家具として使用する

椅子やテーブルなどのアイテムは、思い切って部屋のなかで使うのもアリ!!いつでもアウトドア気分で過ごすことができ、収納に悩むこともありません。

家具としても使うのなら、少しくらい大型のアイテムでも思い切って購入することができますね。

方法③ベランダ収納

ベランダに収納スペースがある方は、屋外での収納もおすすめです。ガーデニング用品などを収納する収納付きベンチや収納ボックスを利用してみましょう。

テントや椅子、バーベキューセットなどを入れておくことができ、サイズによってはボックスごと車へ運ぶことができるので便利です。

屋外収納 組立式 収納庫 200L 日本製 ブラウン

屋外収納 組立式 収納庫 200L 日本製 ブラウン

 

キャンプ道具・アイテム:車に常時収納しておく

キャンプ道具・アイテム 収納

こちらはわが家の車収納ですが、自宅に収納スペースがまったくない場合、車に積みっぱなしにしておくという手もありますよ。

車のなかにぴったりと合うサイズの収納ボックスを用意し、キャンプ時にしか使うことがないテントや寝袋・食器や照明などを積んだままにしておくという人は、結構いるようです。

車のトランクに収納スペースがある方は、思い立ったときにいつでもキャンプができるという手軽さもうれしいですね。

荷物を移動させる手間を省くこともできるので、車に空いているスペースがあるならキャンプ準備節約の観点からもおすすめです。

ただし、寝袋やテントは定期的に天日干しをする必要がありますし、ガス缶など燃料の保管は車内の温度が高くなることを考えて、車内での保管はやめましょう。

キャプテンスタッグ 折りたたみ コンテナ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 折りたたみ コンテナ カゴ フォールディング ハンディ コンテナ 取っ手付き Lサイズ

Oasser 車用収納ボックス

Oasser 車用収納ボックス トランクボックス トランク ラゲッジルーム 収納 E3

Oasser 車用収納ボックス トランクボックス トランク ラゲッジルーム 収納 E3

 

キャンプ道具・アイテム:レンタル倉庫にを利用する

キャンプ道具・アイテム 収納

お住いの地域に、レンタル倉庫がある場合は倉庫を借りるという方法もあります。レンタル倉庫は、自宅に眠っているアイテムを一時的に保管するスペースを借りることができるサービスです。

日頃使わないものや、大きなキャンプ道具、スノーボードなども収納することができます。雨風にあたらず鍵もかけられるので自宅に収納スペースがない方、ガレージ車庫や物置などがない方に嬉しいサービスです。

キャンプ道具が増えてしまったり、家族が増えてアイテムが大型化してきた方はぜひ、こういったサービスも利用してみましょう。

まとめ

テントや寝袋は場所を取り、一度しまい込むと出して使うのも大変です。しかし、大物から小物まで一緒に保管をしておくにはアイテム別に分け、サイズ感の合った収納ボックスや収納場所を考えることで、すっきり収納でき、取り出しやすくなることがわかりました。収納ボックスもさまざまな大きさが販売されています。ぜひ自分にあった収納アイテムを探してみてはいかがでしょうか。
Oasser 車用収納ボックス トランクボックス トランク ラゲッジルーム 収納 E3

 

キャンプ道具カテゴリの最新記事