冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

現役サーファーが選ぶ海外の穴場スポット10選!サーフィン初心者向け

現役サーファーが選ぶ海外の穴場スポット10選!サーフィン初心者向け
海外でサーフィンをしたくても、どこの国を選んだらいいのか迷いますよね。ここでは、海外でサーフトリップをしてきた現役サーファーが、時差ボケなしでサーフィン初心者でも楽しめる穴場スポットを厳選してご紹介します。
 

サーフィンの穴場:インドネシア・バリ島

海外 サーフィン 穴場

インドネシアのバリ島は、「サーフィンの聖地」といわれるほど1年間をとおしていい波があるので、世界中からサーファーが集まります。

いつ訪れてもあたたかい気候のバリ島は、ビーチ、リーフ、ポイントブレイクなどレベルに合わせてサーフィンを楽しめるので、何度行っても飽きない場所ですよ。

そんなバリ島のなかでも、サーフィン初心者向けの穴場ポイントを3つご紹介します。

穴場ポイント① Kuta Beach(クタビーチ)

サーフィンのメッカで有名なクタビーチは、観光客に人気のエリア。

サーフィンも観光もできるため、たくさんの人でにぎわいます。

3月〜11月がシーズンのビーチブレイクで、アウトサイドは中級者以上、インサイドではサーフィンスクールで初心者がメインと分かれているので安心して練習できます。

穴場ポイント② Suminyak(スミニャック)

ビーチブレイクのスミニャックは、まわりにサーフィンスクールやボードレンタルも豊富。初心者や、潮があがる時間帯には上級者のサーファーがたくさんいます。

ビーチ、ショッピング、グルメなんでもそろっている人気エリアなので、サーフィン以外も充実したバリの時間が過ごせてオススメです。

穴場ポイント③ Serangan(スランガン)

11月〜4月の雨季は、コンスタントに波があって混雑していない穴場です。上級者まで人気のポイントですが、初心者でも行ける場所ですよ。

はじめての場合や不安な場合は、サーフィンスクールに入るのがオススメ。

リーフブレイクなので潮が引くと浅いのでケガをしやすく、カレントが強くなることもあるので、風向きと潮回りを理解してエントリーしましょう。

 

サーフィンの穴場:タイ・プーケット島

海外 サーフィン 穴場

タイのプーケット島は、南国アクティビティが豊富な楽園ともいえる場所。5月〜10月の雨季にはサーフィンのシーズンが到来し、この時期はホテルなどの価格も安くなります。

海外のサーフィンで人気のバリほど混んでいなく、サーフィンの穴場でもサーフボードをレンタルできるのでサーフィン初心者でも気軽に楽しめますよ。

プーケット島のなかでサーフィン初心者向けの穴場ポイントを2つご紹介します。

穴場ポイント① Kata Beach(カタビーチ)

プーケットで有名なサーフィンポイントのカタビーチは、約1.4km続くビーチで遠浅のビーチブレイクです。

ここは人気ポイントのため、初心者から上級者までたくさんのサーファーが集まります。初心者の方は混雑でのケガ防止のために、空いているビーチ北側の小波で練習するのがオススメです。

穴場ポイント② Karon Beach(カロンビーチ)

キレイで落ち着いた雰囲気のビーチが好きな方にオススメなのが穴場カロンビーチ。

8月〜10月のシーズンの波は上級者に人気ですが、少し流れが強いことがあるのではじめてサーフィンする場合はサーフィンスクールがオススメです。

 

サーフィンの穴場:オーストラリア・ゴールドコースト

海外 サーフィン 穴場

ゴールドコーストはサーフィンの世界大会がおこなわれる有名なポイントや、初心者でも楽しめるビーチがあり、1年をとおしてサーフィンを楽しめる場所です。

沖からは海外らしい街並みが見え、水がキレイな開放感あるビーチからながめる波待ちの時間はとても癒されます。

ゴールドコーストのなかでサーフィン初心者向けの穴場ポイントを3つご紹介します。

穴場ポイント① Currumbin(カランビン)

クーランガッタ空港からわずか5分の穴場スポットで、上級者まで人気のポイントブレイクですが、子どもや初心者もサーフィンスクールで練習できる穴場です。

岩サイドからエントリーする場合は、足をケガしやすいので注意しましょう。

穴場ポイント② Surfers Paradise(サーファーズパラダイス)

人気の観光地サーファーズパラダイスは、パワフルなビーチブレイクでコンディションのいい日でも混雑していないので初心者から上級者までオススメ。

長いビーチ沿いから、その日に合わせていろいろなポイントが選べます。

穴場ポイント③ Byron Bay(バイロンベイ)

ゴールドコーストから40kmほど南下した場所にあるバイロンベイは、オシャレな雰囲気の小さな街で、サーフィンも観光も充実しています。

サーフポイントはたくさんありますが、初心者には比較的やさしくて乗りやすい波がある「ザ・パス」や「メインビーチ」が練習に適した穴場です。

 

サーフィンの穴場:ニュージーランド・北島

海外 サーフィン 穴場

海外は行ったことがある、人混みをさけてのんびりとサーフィンを楽しみたい、黙々とサーフィンを練習したいというかたにはニュージーランドがオススメ。

ニュージーランドの北島には、「こんなにいい波なのに、こんなに人が少ないの?」と思うほど、穴場サーフィンスポットがたくさんあります。

ニュージーランド、北島のなかでサーフィン初心者向けの穴場ポイントを2つご紹介します。

穴場ポイント① Gisborne(ギズボーン)

波がよくて人が少ないため、サーフィン好きのヒミツのスポットであるギズボーン。初心者にとくにオススメな穴場は、「ミッドウェイ」です。

ゆったりとした波のビーチブレイクなので、大きめのサーフボードでテイクオフの練習がたくさんできますよ。

穴場ポイント② Mount Maunganui(マウントマウンガヌイ)

波がない日でもサーフィン以外のアクティビティが充実しているので、海外の観光も楽しみたい方にオススメなのが、マウントマウンガヌイ。

サーフィンスクールもたくさんあるので、海外ではじめてサーフィンにチャレンジしたい方にもおすすめです。 

ここで紹介した4つの国は時差ボケする心配がないので、サーフィンも観光もしっかり楽しむことができます。物価が安い東南アジアはサーフィン旅行の滞在費を抑えれるのもうれしいですね!海外でサーフィンを経験したことがある方なら、オーストラリア、ニュージーランドは日本にない地形と絶景を楽しめるのでとてもオススメですよ。 
   
   

サーフィンカテゴリの最新記事