ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

キャンプで美味しいコーヒーを飲むならハンドドリップ?フレンチプレス?コーヒー豆の選び方から抽出方法までご紹介

キャンプで美味しいコーヒーを飲むならハンドドリップ?フレンチプレス?コーヒー豆の選び方から抽出方法までご紹介
   
ゆったりとした時間が流れるキャンプで、いつもと違うこだわりのコーヒーを飲んでみませんか?気になる抽出方法と、いつもよりさらにおいしくなるだけでなく、できあがるまでの過程も楽しめるアイテムをご紹介します。
   

キャンプで使うコーヒー豆の選び方

キャンプ コーヒー

 

家で毎日飲むコーヒーにはそこまでコストをかけられないという方も、キャンプのために用意するコーヒー豆はぜひ専門店での購入をおすすめします。

少し値が張っても、キャンプ中の間だけであれば少量ですみますし、なにより豆の選び方でおいしさが左右するものです。

美味しいコーヒーを飲むための第一歩として豆選びからはじめてみましょう。

例えば同じブラックでも、苦めなのかさっぱりしたものが好みなのか、もしくはミルクや砂糖を入れた甘いコーヒーを好むのか、人それぞれ好みは違います。

コーヒー専門店のマスターはコーヒーのエキスパートですから、自分の好みを伝えてじっくり相談してみましょう。

きっと、ぴったり好みに合った自分だけの究極のコーヒー豆を見つけることができますよ。

また、専門店の機械は豆を均一に挽いてくれるので、お手軽に楽しみたい方はお店におまかせしましょう。

挽きたてが飲みたいのであれば、コーヒーミルでの正しい挽き方を聞いておくといいですね。

コーヒー豆は、密閉袋にいれておけば常温で5日間は飲み頃が続くといわれています。

出かける直前に購入するか、キャンプ地に行く道中でコーヒー専門店を見つけて調達する、というのも楽しみのひとつになるかもしれません。

 

 

キャンプにおすすめのコーヒー抽出方法とは?

キャンプ コーヒー

 

コーヒーの抽出方法はおもに「ハンドドリップ」と「フレンチプレス」の2種類にわけられます。

同じ豆をつかっても、抽出の仕方が違うだけで味は大きく変わりますし、お好みの仕上がりによって、使うアイテムも変わってきます。

それでは、それぞれの抽出方法の特徴をみていきましょう。

 

①ハンドドリップ

一番ポピュラーな抽出方法といわれているのが「ハンドドリップ」。

ペーパーでろ過することで雑味がとりのぞかれ、うま味だけを残す方法です。

一見シンプルですが、お湯の温度や抽出時間など、こだわりはじめたらきりがないほどの奥深さも魅力の一つ。

一杯ずついれるので、ひとりひとり違ったコーヒーを楽しむこともできます。

キャンプ用に折りたたみ式のドリッパーもあるので、ソロやツーリングキャンプなど、少しでも荷物を減らしたいときにも便利です。

ドリッパーやペーパーの種類は豊富で、アイテム選びも楽しくなりそうですね。

 

②フレンチプレス

「フレンチプレス」は、専用のポットに挽いたコーヒー豆とお湯を入れて、一定時間放置する抽出方法。

お湯を通すだけのハンドドリップと違い、しばらく浸すことでコーヒーの成分がそのままお湯に溶け込むので、よりコーヒーの苦みや雑味をダイレクトに感じられるのが特徴です。

テクニックいらずで、手軽に安定した味が楽しめます。

 

 

キャンプにおすすめのコーヒー抽出器具

キャンプ コーヒー

 

ここからは、ちょっと人と差がつく、コーヒーを楽しむためのアイテムを抽出方法別にご紹介します。

 

ハンドドリップ用

ミュニーク/テトラドリップ 01S

3枚のステンレスの板を組み立てて使用するドリッパー。

折りたたみ時の薄さはわずか9mmで、大きさはパスポートサイズという、携帯性抜群のアイテムです。

 

サイズ103×69×0.9㎜
容量1.5Cup
重量25g
素材ステンレススチール

 

ミュニーク/テトラドリップ 01S

 

 

コレス/ゴールドフィルター C245  

ペーパーフィルターを使わず、純金メッキのゴールドフィルターをそのまま通すので、コーヒー豆本来の味や香りを損なうことなく抽出できます。

ワンランク上の味わいを求める方にオススメです。

 

サイズ105×90×750㎜
容量2~5杯分
重量18.1g
素材純金メッキ(ステンレス)、ポリプロピレン

 

コレス/ゴールドフィルター C245

 

 



キャンプ道具カテゴリの最新記事