ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

キャンプ用まな板は「素材」と「コンパクトさ」で選ぼう!おすすめ12選も

キャンプ用まな板は「素材」と「コンパクトさ」で選ぼう!おすすめ12選も
   
キャンプ最大の楽しみのひとつが料理。アウトドアでいただく料理は本当においしいですよね。料理をつくるのに欠かせないのがキャンプ用まな板ですが、実にたくさんの種類があるので迷ってしまいがち。そこで素材や機能に注目しておすすめを選んでみました。
   

キャンプ用まな板の選び方

ひとくちにキャンプ用まな板といっても、さまざまな種類が存在します。

そこでキャンプ用まな板を選ぶ基準として今回取り上げたのが「素材」と「コンパクトさ」。

どちらもキャンプで料理を楽しむうえで大きな意味を持ちますので、自分がキャンプでどのような料理をしたいのかを考えながら選ぶとよいでしょう。

 

素材重視

キャンプ まな板

 

キャンプ用まな板の素材は大きく分けると「木製」か「樹脂製」か。

樹脂製はさらに「シリコン製」と「プラスチック製」に分けることができます。

どれも一長一短ありますが、よりキャンプを楽しむためには長所を重視して選ぶといいかもしれません。

 

木製

木製まな板の長所は適度な硬さによる安定性です。

キャンプでまな板を使う際、そこは平らな場所だけとは限りません。

不安定な場所で食材を切るのであれば、曲がってしまう樹脂製よりもしっかりとした木製の方がはるかに安定します。

 

シリコン製

シリコン製の最大のメリットは簡単に折ったり丸めたりできること。

あとで述べるコンパクトさ重視にもつながりますが、小さく丸めたりできるため持ち運びに便利です。

 

プラスチック製

プラスチック製のメリットは値段の安さ。

100円ショップなどでも取り扱いがありますので使い捨て感覚で選べます。

また、折り曲げることができるタイプは切った具材を鍋などに投入するときに便利です。

 

コンパクトさ重視

キャンプ まな板

 

キャンプはできることなら身軽に出かけたいもの。

まな板もコンパクトに収納できれば荷物のダウンサイズに貢献してくれます。

 

折りたたみ式

折りたたむことができるタイプなら収納に便利なだけでなく、現地で作業スペースが思ったほど取れなかったようなときでも小さくたたんで使うことが可能です。

 

調理器具収納式

調理器具をコンパクトに収納できるタイプなら、荷物が小さくなるだけでなく散乱しがちでなくしたりするケースも多い調理器具類をしっかりと管理することができます。

 

使い捨てタイプ

究極のコンパクトさである「使い捨て」。

使ってしまえばあとはごみとして処理すればよいので、ごみが捨てられるキャンプ場ならば帰りには荷物になりません。

 

 

キャンプ用まな板おすすめ12選

キャンプ まな板

 

あまたあるキャンプ用まな板のなかから厳選してご紹介します。

機能的にはどれも十分なので、最後は形や色などのお好みで選んでもいいかもしれませんね。

 

スノーピーク マナイタセット

安心のスノーピークブランド。

折りたためるうえに、内部に包丁も収納可能とさすがの高機能まな板です。

 

スノーピーク マナイタセット

 

ケヴンハウン オーバルカッティングボード

木製素材が温かみを感じさせてくれるまな板。

長さ30cmと大きさも十分で使いやすさも◎。

しゃれたオーバル型のデザインであるため、そのままトレーとしても使えます。

 

ケヴンハウン オーバルカッティングボード

 







キャンプ道具カテゴリの最新記事