12月は「HotChillys ホットチリーズ 」 コンバーチブル バラクラバ / Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!

一度は訪れたい、紅葉が美しい日光の一押しスポットをご紹介!

一度は訪れたい、紅葉が美しい日光の一押しスポットをご紹介!
   
北関東で紅葉と言えば、やはり日光ですよね。日光での紅葉は例年9月の下旬ごろから見ることができます。日光エリアの紅葉スポットは多く、どこに行こうか悩む方は少なくないでしょう。そこで、今回は日光エリアのおすすめ紅葉スポットをご紹介します。
   

中禅寺湖

日光 紅葉
とちぎ旅ネット

 

日光国立公園を代表する中禅寺湖は、奥日光の入り口、標高約1300mほどに位置する美しい湖です。

中禅寺湖周辺にはカエデ、ブナ、カツラ、ミズナラ、ウルシなどが生えており、紅葉の季節になるとそれらの木々の葉が赤や黄色に色づく姿を見ることができます。

さらに、その紅葉して赤や黄色に染まった葉が美しい湖に映え、大変美しい景色を見ることができるんです。

加えて、紅葉の時期になると不定期で遊覧船の「紅葉廻りコース」が運行されます。

船の上から見る紅葉もまた素晴らしいものです。

 

 

例年の紅葉見頃:10月中旬〜10月下旬

住所:栃木県日光市中宮祠

アクセス:日光宇都宮道路清滝ICから車で約20分、もしくは東武バスに乗り中禅寺温泉で下車し徒歩ですぐ

駐車場:有り(有料)

電話番号:0288-22-1525(日光市観光協会)

 

 

霧降の滝

霧降の滝は日光三名瀑に選出されている滝の1つで、75mにも及ぶ落差を誇る壮大な滝です。

紅葉の時期になると、カエデやナナカマドが色付きます。

カエデやナナカマドなどの木々の合間を縫うように流れ落ちる霧降の滝が紅葉と混じり大変美しい景色を望むことができる点が、霧降の滝をおすすめする理由です。

滝の真正面に設置されている観瀑台から、滝全体を見渡すことができます。

かの有名な浮世絵師、葛飾北斎が描いた大変素晴らしい紅葉のスポットでもあります。

霧降の滝は直瀑ではないこともあり、滝の表情が出やすく味のある写真も撮りやすいので、写真が好きな方はぜひ訪れてみてください。

 

 

例年の紅葉見頃:10月下旬〜11月上旬

住所:栃木県日光市所野

アクセス:日光宇都宮道路日光ICから霧降方面へ車で約15分、もしくは東武バスに乗り霧降の滝で下車し徒歩で10分

駐車場:有り(無料)

電話番号:0288-22-1525(日光市観光協会)

 

 

瀬戸合峡

日光 紅葉
とちぎ旅ネット

 

瀬戸合峡は鬼怒川による侵食によって生まれた峡谷で、高さ100mの断崖に囲まれた約2kmも続く渓谷は、息をのむような迫力があります。

峡谷だけでも十分美しい景観ですが、紅葉の時期には周りの木々が色づきさらに美しい景色を見ることができます。

色づいたツタウルシやモミジなどの赤や黄色と、断崖の白や黒の色が絶妙に混ざり合い、その景観はまさに圧巻です。

そして、大迫力の峡谷にかかる「わたらっしゃい吊橋」は、岩壁を間近で見ることができる絶景のスポットになっています。

 

 

例年の紅葉見頃:10月中旬〜10月下旬

住所:栃木県日光市川俣

アクセス:日光宇都宮道路今市ICから車で約80分、もしくは東武バスに乗り霧降の滝で下車し徒歩で10分

駐車場:有り(無料)

電話番号:0288-22-1525(日光市観光協会)

 

 

湯ノ湖

日光 紅葉
tenki.jp

 

標高1500mほどの位置にあるせき止められた湖の湯ノ湖。

周りを山に囲まれた湯の湖の湖畔では、紅葉の時期になると山の木々が色づき美しい景観を望むことができます。

カエデやナナカマド、シラカンバにツツジなどの、赤や黄色、そして緑などの色が映った湖面を眺めるのもまた良いものです。

雄大な自然の中での紅葉狩りであればぜひ湯ノ湖をおすすめします。

湖畔をぐるりと1周できる散策路も用意されており、紅葉狩りに適したスポットです。

湯ノ湖のそばには日光三大名瀑のうちの1つである湯滝もあわせて訪れたいスポットの1つになっています。

また湯ノ湖の近くに奥日光湯元温泉があり、温泉で旅の疲れを癒すこともできるおすすめのスポットです。

 

 

例年の紅葉見頃:10月上旬〜10月中旬

住所:栃木県日光市湯元

アクセス:日光宇都宮道路清滝ICから車で約1時間、もしくはJR日光駅から湯元温泉行き東武バスに乗り約90分

駐車場:有り(無料)

電話番号:0288-22-1525(日光市観光協会)

 

 

神橋

日光 紅葉
とちぎ旅ネット

 

日光二荒山神社の建造物で、平成11年12月に世界遺産に登録された神橋。

綺麗な朱色に塗られた神橋は神聖な橋として尊ばれると共に、日本3大奇橋の1つとしても名を馳せています。

秋になると、神橋の周りの木々が赤や黄色に色づき、その中にある朱色の神橋はより一層存在感を増し、絶好の撮影スポットとなります。

栃木県の紅葉絶景スポットとして有名で、写真を撮るために多くの方が訪れます。

神橋がかかる峡谷を流れる川の青さも紅葉とのコントラストにより、非常に映える景色見ることができるのでおすすめです。

 

 

例年の紅葉見頃:11月上旬〜11月下旬

住所:栃木県日光市川俣

アクセス:日光宇都宮道路日光ICから日本ロマンチック街道を2.5km、もしくは東武バスに乗り神橋で下車し徒歩ですぐ

駐車場:有り

電話番号:0288-54-0535(日光二荒山神社)

 

 

まとめ

日光のエリアは今回紹介したスポット以外にも素晴らしい紅葉のスポットが多くあります。北関東で有名な紅葉時狩りスポットは他にも多くありますが、それぞれ素晴らしい景色がすばらしく優劣はつけがたいですよね。紅葉はそれぞれのスポットにある建造物や、他の自然のものと混じり合うことで美しい景色を彩ります。そんな紅葉を見にぜひ日光エリアに訪れてみてはいかがでしょう。

レジャーニュースカテゴリの最新記事