14日応募締切り/15日抽選予定!今月は「ロードバイク・ケアライン」Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント

希少な80年代のオールドBMXをクラウドファンディングで復刻

希少な80年代のオールドBMXをクラウドファンディングで復刻
   
ベースヤードトーキョーの新プロジェクト「(re):pro」より第3弾のアイテムが登場、「80’s BMX」をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で公開。BMXが生まれ、アメリカのストリートで大流行した70〜80年代のビンテージを多数扱うオールドスクールBMX専門店として、マニアからも絶大な信頼を寄せられる中目黒の「SCREAMIN' WHEELS」とのコラボでの製作です。

80’s BMX

80‘sBMX

今回の (re):proオリジナルBMXの製作には、「SCREAMIN’ WHEELS」オーナーの井上秀明さんの強い思いがあります。

「最初はもっと普通のBMXを作ることも考えたのですが、こういうプロジェクトならばもっとアクの強い、特別感のあるものがつくりたいなと。復刻版のBMXは、24インチ、26インチのものが主流で、20インチは、レース用というイメージが強いせいかあまり見ない。そんななか、80年代につくられた20インチのBMXで、ずっと気になっていたものがあるんです。そのモデルは20インチBMXを手足の長いライダー用にカスタムしたもの。ヘッドチューブやシートチューブが延ばしてあって、サドルの位置も高い。デザイン的にはとてもクールなので、当時も反応はよく、いろんな会社が追随して似たようなデザインのものが出たりと瞬間的に流行したのですが、肝心のレースであまりいい結果が出なかった(笑)それで長いこと見過ごされてきたたんですが、このBMXが今の時代にむしろとても合う。街乗りするのに無理がなくて、BMX初心者にも違和感なく乗ってもらえるデザインだと思うんですよね。あの一連のBMXを、現代らしくモディファイしたオールドスクールBMXを作りたいんです!」

オールドスクールかつ、 “本物の” BMXに長く携わってきた井上さんが、一切の妥協をせずに最初から最後まで携わった渾身のBMX!パーツの隅々までこだわりが詰まっています。

80‘sBMX

パーツの詳細は(re):pro公式HPよりご覧ください。
「80‘s BMX」
本体価格:¥88,000(税抜)
2019年9月15日まで支援受付中

「(re):pro」とは?
スタイルのある人に向けたこだわりのアイテムを、賛同者のサポートでつくるプロジェクトです。また、ベースヤードトーキョー1Fでは、支援募集中のアイテムを並べ、実際に見て、触れて、体験できるスペースも常設します。

プロジェクトを行う〈ベースヤードトーキョー〉って?
2018年10月に明治通り沿いにオープンした〈ベースヤードトーキョー(baseyard tokyo)〉。CIAOPANIC・KASTANE・mystic・WHO’S WHO gallery・CPCMというアパレルブランドが出店するほか、漫画、雑貨、フード、音楽などを広く扱うライフスタイルショップです。さまざまなジャンルのイベントも行っており、ここに来れば新しいモノやコトに出会える、基地(ベースヤード)のような存在です。

80‘sBMX

(re):pro公式サイトhttps://www.re-pro.baseyard.tokyo

   

BMXカテゴリの最新記事