ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

ファミリーで楽しもう!子どもと野外フェスに行く際の注意点とは

ファミリーで楽しもう!子どもと野外フェスに行く際の注意点とは
   
近年のフェスは、ファミリーで参加しやすいように、小学生以下は無料で入場できたり、キッズスペースが設けられたりと工夫されています。熱中症や迷子などのトラブルが起きないよう、事前に注意点を知り対策しておきましょう。子どもにペースを合わせて、安全にフェスを楽しんでください。
   

ファミリー向けのフェスを選ぶ

野外フェス ファミリー

年々増加している国内の野外フェス。ファミリー向け、大人な雰囲気を楽しむなど、それぞれに違った魅力があります。

子どもの入場規制をしているフェスもあるので、ファミリーで参加しようと思ったときには「子ども連れOK」なのか必ず確認しておきましょう。

ファミリー向けのフェスであれば、周りもみんな子どもと一緒なので、安心して楽しむことができますね。

授乳室があったり、子どもが遊べるスペース、ワークショップなども充実しているので、子どもも飽きずに過ごせますよ。

フェスの代名詞「フジロック」は、中学生以下が入場無料でキッズエリアもあります。しかし、雨が降るとベビーカーが押せないほど地面がぬかるんでしまうこともあります。

子どもが小さいうちは、ベビーカー利用がOKかどうかも確認しておくと安心ですね。このような点も考慮しつつ、どのフェスに参加するか選ぶとよいでしょう。

 

子どもにペースを合わせよう

野外フェス 子ども ファミリー

子ども連れのフェスは、ステージからステージへ移動するだけでも一苦労ですよね。楽しくて夢中で遊んでいるうちに、身体はヘトヘトということも。

大人でも疲れるのですから、体力のない子どもはもっと疲れているはずです。フェスでは、スケジュールをつめ込み過ぎず、子どもにペースを合わせて楽しみましょう。

1つライブを観たら、一旦テントで休憩したり、キッズエリアで遊ばせたり、ご飯を食べたりと、公園に遊びにきているような感覚でのんびり過ごすことがおすすめです。

 野外ですから、熱中症には十分に気をつけてくださいね。帽子を必ず被らせて、水分補給はこまめに。

 
ファミリーで楽しもう!子どもと野外フェスに行く際の注意点とは適度に休憩も取りましょう。子どもが少しでも具合が悪そうにしていたら、観たいアーティストも潔く諦めて、ゆっくり過ごすか早めに帰宅することも必要です。

 

迷子にならない・見つけやすい工夫を

野外フェス 迷子 ファミリー

フェスで子どもの迷子はよくあること。親がライブに夢中になってしまい、子どもから目を離してしまうということが多いようです。

子どもと一緒にライブを観るときには、あまり前の方に行かず、椅子などに座ったり、手をつないだりして子どもの近くにいることを心がけましょう。

子どもを肩車して、前の方に行こうなんて思わないでください。迷子どころか、子どもがケガをする恐れがあります。

また、混雑している場所でも見つけやすいように、子どもには目立つ服を着せるなど工夫しましょう。

万が一迷子になってしまったときのために、子どもの名前と、親の連絡先を書いた名札のようなものを付けておくと安心ですよ。

 
ファミリーで楽しもう!子どもと野外フェスに行く際の注意点とは

スピーカーの近くは避けよう

野外フェス ファミリー

子ども連れでライブなどを観るときには、前の方には行かないようにしましょう。モッシュなどでケガをする恐れがあることと、スピーカーに近くになるということが心配だからです。

大人でも、ライブなどで大きな音を聴き続けると、耳がこもったようになり聞こえづらくなりますが、子どもの耳は大人よりも敏感なので、あまり大きな音を聴くと、難聴になってしまう可能性があります。

言葉を話せない赤ちゃんや幼児の場合は、自分の耳に違和感を感じても、それを親に伝えることができず、異変の発見に時間がかかり、治療が難しくなるケースもあります。

まずは、スピーカーの近くには絶対に近づかないよう気をつけましょう。スピーカーから離れた場所や後ろの方でも、思っていたより音が大きいということもあるかもしれません。そんなときには、耳栓の使用をおすすめします。

ライブの大きな音や混雑などの雑音など、フェスにはさまざまな音があふれているので、子ども用の耳栓を用意しておくと安心ですね。

耳栓やイヤーマフなど、さまざまなタイプがあるので、お気に入りを見つけてみてください。安全に楽しく、ファミリーでフェスを楽しんでくださいね。

まとめ

近年は授乳室やキッズスペースなどが設置された“ファミリーに優しいフェス”が増えているため、子ども連れでフェスに参加するハードルは下がっています。しかし一部のフェスでは、炎天下で何時間も過ごしたり、ゲリラ豪雨に襲われたりと、なかなかハードな一面も。親がライブを楽しみたいからと、子どもを連れ回すことだけは避けたいものです。ファミリー全員が笑顔で過ごせるように、上手にプランニングしてください。子どもに「また行きたい」と言わせることができたら、大成功の証ですね。




フェスカテゴリの最新記事