山形県米沢市の天元台高原スキー場で、キャビン付き圧雪車に乗って冬の山を探検するツアー「雪山大冒険」がスタートした。雪深い山林をアスレチック気分で満喫できるツアーとなっている。期間は4月2日まで。

天元台高原スキー場は、日本百名山「西吾妻山」の中腹(標高1350m~1820m)に位置している。
令和2年に導入された15人乗りキャビンの付いたゲレンデ整備用の圧雪車を活用して地域を盛り上げようと、地元白布温泉街とつくる「天元台×白布リボーン協議会」が毎年冬にツアーを実施。今冬はスノーシューを履いての雪原散策などが盛り込まれた。
コースは、ロープウェイ山頂側の高原駅を発着地点とする約2時間の往復路。冬季は雪に閉ざされる林道を進み、通称・浸透升(しんとうます)の雪原を目指す。
ツアー中は置賜盆地を一望できるパノラマ展望台や、森の巨人として親しまれているミズナラの巨木といったビューポイントで下車できる。

秘境浸透桝で冬を満喫

雪山大冒険

圧雪車キャビン内の様子

雪山大冒険

雪山大冒険

目的地の浸透桝では、神秘的な雪原と、その先に広がる置賜盆地の眺めを独占。
スノーシューに履き替え、一帯を散策もできる。絶景を楽しんだ後は、雪の上に作ったカフェスペースで、淹れたてのオリジナルブレンドのコーヒーを味わえる。

家族と一緒に雪山アスレチック気分

雪山大冒険

好天に恵まれた初日には絶景が広がり、ニホンカモシカやウサギなど動物の足跡も見られた。白布温泉に宿泊した観光客や、地元の家族連れなどが参加した。

雪山大冒険

雪山大冒険

長澤さんは「スキーや登山で訪れたことはあるが、新しい魅力を見つけられた」と話し、長男の宗士君(5)は「いろんな景色を見られて楽しかった」と笑顔だった。
ツアー中の景観は天気に左右されがちだが、スタッフは「吹雪の中をダイナミックに進むのはスリル満点だ」と、毎日違う表情を見せる山の魅力を語っていた。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。