アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

刀鍛冶が監修、叩きやすさを追求したキャンプ専用ハンマー『手槌』

刀鍛冶が監修、叩きやすさを追求したキャンプ専用ハンマー『手槌』
工芸×工業。刀鍛冶と木工職人、金属加工の匠が手を組んだ日本謹製のキャンプ専用ハンマー。日本古来の打ちやすさを追求した鍛冶の技術で、キャンプをもっと楽に。キャンプ専用ハンマー『手槌』を一般販売開始します。

手槌

日本古来の刀鍛冶が手打ち鍛造をする時に使う鍛冶用ハンマーは『火造り槌』とも言われます。
数々の刀匠が鉄を叩き続けたにも関わらず、手首を傷めず、長時間打ち続けることできたのは、この道具のおかげとされます。

手槌

ヘッドはステンレス製で叩く部分が片側にだけ伸びている特殊な形状をしています。
片側に伸びているので、前側に付いた重心でヘッドの落下速度が増し、手首に力を入れなくとも一打一打の力が良く伝わります。
大きく振りかぶるのではなく、狙いを定めて打ち落とし、正確に力を伝えるために役立つとされています。

手槌

『手槌』は重量も約730-50gと重めです。
ソロキャンプブームで300g以下の軽量タイプのハンマーは持ち運びやすいというメリットがありますが、打つ回数が増えることで体力と時間が必要になったり、手首の負担の原因にもなるというデメリットもあると思います。
重さを活かすことで、力のない女性やお子様でも打ち込むことができます。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事