アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

キャンプでオシャレ&おいしい料理にホーロー鍋レシピ

キャンプでオシャレ&おいしい料理にホーロー鍋レシピ

キャンプの醍醐味、キャンプ料理。スキレットやダッチオーブンなどの調理器具もいいけれど、ホーローは見た目も可愛らしく便利です。素材を選ぶことで、キャンプでも安心して使えます。今回はホーロー鍋で作る、おすすめレシピを紹介します。

知ってた?ホーロー鍋ってキャンプにぴったり!

ホーロー鍋レシピ

ホーロー製品は、かわいらしいカラーリングやデザインのものが多く、鍋をはじめ、ケトルやマグ、お皿、保存容器など、さまざまなキッチンアイテムがあります。ご家庭にもひとつくらいはホーロー製品があるのではないでしょうか?

キャンプ用品では、マグカップやケトルなどにホーロー製のものを使っている方もいるそう。

ホーロー鍋をはじめ、ホーロー製のキッチンアイテムはキャンプにもぴったり!今回は鍋に注目し、特徴をくわしくご紹介しましょう。

ホーロー鍋ってどんな鍋?

ホーロー鍋レシピ

ホーロー鍋とは、鉄やアルミ素材などの表面に、ガラスを焼き付けてコーティングした鍋のことです。直火に強く、200度の耐熱温度をもつ製品もあります。

見た目が美しいうえに熱伝導率がよく、汚れが付きにくいのが特徴。また、ステンレス製などの鍋に比べて、さまざまなカラーやサイズが選べるのも魅力的です。

ホーロー鍋は鋼板製と鋳物製の2種類

ホーロー製の鍋には種類があり、軽くて熱伝導率が早い鋼板製のものと、保温性が高くじっくり火が通る鋳物製のものがあります。

鋼板製のものはパスタや麺類など、たっぷりのお湯で早くゆで上げたいときなどに。鋳物製のものは煮込み料理やスープなどじっくり作るお料理にぴったりです。

ホーロー鍋はキャンプシーンで映える

ホーロー鍋レシピ

キャンプやアウトドアでは、ホーロー製の食器を使っている人も多く見かけます。レトロでカラフルな見た目や、丈夫で汚れが落ちやすい利便性がキャンプにはぴったり。

また、ホーロー鍋はひとつあるだけでとってもオシャレ。見映えのするアイテムです。

 

ホーロー鍋の取扱いの注意点は?

ホーロー鍋レシピ

ホーロー鍋を取り扱いする際、いくつか注意することがあります。

ホーロー鍋は割れたり欠けたりしやすい

ホーロー鍋は、ガラスコーティングをしているため、落としたりぶつけたりして割らないように大切に扱いましょう。

キャンプなどで車に乗せて移動する際は、フタと鍋のあいだにタオルや布巾をはさんだり、タオルでくるみ持ち運んだりすると振動しても安心です。

急激な加熱に弱くサビやすい

ホーロー鍋は、空焚きや急冷をするなど急激な熱の変化に弱く、ときにはヒビが入ってしまうこともあります。

加熱調理した鍋をすぐに水につけない、空焚きをしないように注意しましょう。洗うときは、鍋が自然にさめるのを待ち、水につけおきをせずにすぐ洗うようにします。

また、水分が残っているとサビにつながりやすいので、しっかり拭きとってから保存することが長持ちのコツです。

もし鍋にヒビが入った場合は修復ができません。使用は控えるようにしましょう。

キャンプにも使えるホーロー鍋を選ぶ

キャンプで使うホーロー鍋を選ぶときは、耐熱温度が高いことや直火OKのもの、鋳物製や鋳物製でも軽いタイプのものを選ぶのがよいでしょう。

また、鋳物製のホーロー鍋も値段がさまざまです。初心者などは、リーズナブルな価格の鍋から使ってみてはいかがでしょうか。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事