【メスティン】おうちで作るおすすめおやつ!メスティン折りやお手入れ方法も

冒険教育プログラムのプロフェッショナル!アウトワード・バウンド(OBS) & プロジェクト・アドベンチャー(PA)

冒険教育プログラムのプロフェッショナル!アウトワード・バウンド(OBS) & プロジェクト・アドベンチャー(PA)
   
「冒険教育」という言葉を聞いたことがありますか?ひょっとすると、南極に行く冒険家を育成するというようなイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、冒険教育は冒険について学ぶわけではありません。冒険を通して学ぶのです。冒険教育は、冒険を手段として活用した心を育てる手法のことを言います。この記事では、冒険教育とその代表格、アウトワード・バウンド及びプロジェクト・アドベンチャーについて説明します。
   

冒険教育とは

アウトワード・バウンド(OBS) & プロジェクト・アドベンチャー(PA)
出典 obs-japan

 

冒険教育とは、冒険=アドベンチャーを活用した教育手法で、青少年の人間形成や人間関係づくり、企業研修のチームビルティング、リーダーシップ開発などに用いられる内面の成長を促す手法のことを言います。

ここで言う「冒険=アドベンチャー」とは心理的な冒険のことで、必ずしも「南極横断」のような挑戦的な行為を指すものではありません。

例えば、「大勢の人の前で自分の意見を述べる」ということも一つの冒険と捉えることができます。

下のモデルは、冒険教育の学術研究でしばしば目にするものです。

「Comfort zone=安心していられる状態・居心地の良い状態」の外側に「Growth/learning zone=成長・学習」はあります。

快適な状態にとどまってばかりいるのではなく、そこから一歩踏み出す(つまり冒険=アドベンチャーをする)ことで学習や成長が起こるということを、このモデルは説明しています。

まとめると、冒険教育とは、主体的な一歩を踏み出しやすいように構成されたプログラムで、学習者の内面的な成長を促す教育手法と言えます。

アウトワード・バウンド(OBS) & プロジェクト・アドベンチャー(PA)Brown 2008

 

 

 

 

体験学習理論

アウトワード・バウンド(OBS) & プロジェクト・アドベンチャー(PA)
出典 obs-japan

 

冒険教育と一緒によく使われる言葉で「体験学習」というものがあります。

体験学習とは文字通り、「体験から学ぶ」学習方法のことです。

教科書から学ぶ概念学習と対比して見るとわかりやすいでしょう。

体験学習では「ふりかえり」が大切にされています。

具体的な体験(例えば「ロッククライミング」という具体的な体験)をした後に、体験の中でどんなことが起こっていたのかをふりかえります。

すると、そこには様々な気づきが潜んでいます。

例えば、困難な物事に取り組むときの自分の姿勢に気づくことができるかもしれません。

あるいは、いつも言い訳をして逃げ出してばかりの自分だと思っていた人が諦めず粘り強く挑戦する自分もいるのだということに気づくかもしれません。

ロッククライングのような冒険的な行為(あるいはレジャー目的の活動と言ってもいいかもしれません)を教育たらしめているのは、体験学習理論です。

体験学習理論を用いると、様々な活動が教育の素材になります。

「冒険教育とは」の項で述べた通り、ロッククラミングのような「冒険」でなくても、心理的な冒険を含む活動であれば、冒険教育の学習素材として活用することができます。

 

 

冒険教育の実施者

冒険教育を名乗るプログラムは多々ありますが、

Outward Bound(アウトワード・バウンド:略称OB)」

Project Adventure(プロジェクト・アドベンチャー):略称PA」

この2団体が2大巨頭と言えます。

 

日本国内での展開

どちらも世界のあちこちで導入されていますが、日本での展開に触れておきましょう。

 

アウトワード・バウンドは公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会が国内で展開しています。

 

アウトワード・バウンド(OBS) & プロジェクト・アドベンチャー(PA)
出典 obs-japan

 

1988年に日本に導入され、現在では東京、長野、兵庫に拠点を持って活動しています。

青少年を対象にした3日〜7日間のプログラムの他、教員免許状更新講習、冒険教育指導者養成プログラム等を行なっています。

 

プロジェクト・アドベンチャーは株式会社プロジェクト・アドベンチャー・ジャパンが、1995年に設立し、東京を拠点に活動しています。

 

アウトワード・バウンド(OBS) & プロジェクト・アドベンチャー(PA)
出典 PA japan

 

PAの魅力を体感する体験会や学校教員向けのワークショップ、PA指導者養成プログラム等を行なっています。

また、どちらも学校プログラムや企業研修を受託事業として行なっています。

 








安全・危機対策カテゴリの最新記事