アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

キャンプ場で花火を楽むためのマナーと注意点

キャンプ場で花火を楽むためのマナーと注意点
夏場の楽しみである花火。キャンプ場で花火ができたら子供も大喜びです。夏のキャンプを最高に満喫できます。今回の記事では、キャンプ場で花火をするときのマナーや注意点を説明します。夏に花火をする方はぜひ、参考にしてみてください。
 

キャンプ場で花火はできるの?

キャンプ 花火マナー

キャンプ場では花火ができるところもあります。手持ち花火のみ使用が認められているキャンプ場が多いので、子供から大人まで楽しむことができるでしょう。

打ち上げ花火やロケット花火は、認められていない場所がほとんどです。火事や事故など、トラブルの原因になってしまいます。

また、手持ち花火でも使用が認められていないキャンプ場があります。事前に花火の使用可否について、確認しておくとよいでしょう。

 

キャンプで花火を楽しむためのマナー

キャンプ 花火マナー
キャンプ場で花火を楽しむためのマナーを紹介します。下記を参考にして、気持ちよく花火を楽しみましょう。

夜遅くに花火をしない

花火は夜遅くにしないようにしましょう。他のキャンパーの迷惑になってしまいます。静かに過ごしたい方や、早く寝たい方もいるので注意が必要です。

花火をするなら、夜9時までに終わらせるようにしましょう。キャンパーの迷惑になりにくいです。

また、キャンプ場によっては、夜9時までと定められている場所があります。時間帯のマナーを守って花火を楽しみましょう。

周りに燃えるものがないかチェックをする

キャンプ場で花火をする際は、まず周囲に燃えるものがないかチェックしてください。枯れ葉や木々に燃え移って、火事につながる恐れがあります。

とくに、山間地帯のキャンプ場は注意しないといけません。燃える要素となるものがたくさん存在します。

周囲に燃える原因となるものがなく、開けている場所で花火をするようにしましょう。

周囲の人との距離を確認する

花火をする前に周囲の人との距離を確認しましょう。近い場所でやってしまうと、人がいる方向へ煙が流れて行ってしまいます。他のキャンパーに不快感を与えてしまうので注意が必要です。

また、他のキャンパーのテントに火の粉があたる可能性もあります。トラブルの原因にもなるので、細心の注意を払いましょう。

他のキャンパーとの距離は、離れていれば離れているほどよいです。周りの迷惑にならないように花火を楽しんでください。

バケツを準備する

花火をする際は、必ずバケツを準備するようにしましょう。花火が終わった後の消火につかいます。

バケツの水をつかって消火しないと、完全に火が消えていない可能性があります。火事につながる恐れがあるので危険です。

花火をする前に必ずバケツに水を入れておくことが大切です。花火が終わったらバケツの水に投入して、消火するようにしましょう。

その場にゴミを捨てない

花火に限らずゴミを外に捨てるのはよくありません。

管理人に迷惑をかけるだけでなく、他のキャンパーにも不快な気持ちを与えてしまいます。自分でゴミ袋を持参して持ち帰るようにしましょう。

キャンプ場によっては、引き取ってくれる場所もあるので聞いてみるとよいです。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事