アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

西川の寝具技術とキャンプ好き社員のアイデアを詰め込んだ、洗えるダウン寝袋『西川本気寝袋』

西川の寝具技術とキャンプ好き社員のアイデアを詰め込んだ、洗えるダウン寝袋『西川本気寝袋』
『西川本気寝袋』の企画開発は、当社のキャンプ好き若手社員からあがった「寝袋も寝具のひとつなのに、老舗寝具メーカーの西川がなぜつくらないのか?」という声をきっかけにスタートしました。社内のキャンパーたちの意見をもとに、西川の寝具づくりの技術を活かした理想的な寝袋を考案。

西川本気寝袋

アウトドアでもご自宅のふとんで寝ているような快適な寝心地と、洗濯を前提にしたメンテナンスの手軽さにこだわった、寝具メーカーならではの洗えるダウン寝袋を開発しました。
『西川本気寝袋』には、コインランドリーで洗濯・乾燥ができる当社の羽毛ふとん「ランドリエ」の技術を応用しています。詰めものにはふんわりと軽い高品質な「グースダウン」を90%以上使用し、保温性と調湿性に優れています(※春・夏・秋の3シーズン用)。

西川本気寝袋

また、羽毛の良さを活かした「立体マチキルト」縫製を採用し、羽毛の片寄りを防ぎ、ふかふか感とあたたかさをキープします。肌に触れる内側の生地には、毛布に使われる肌当たりの良いフランネル生地を使用し、アウトドアでもほっとするような“おうちの寝心地”を実現します。
サイズは通常の寝袋よりも一回り大きいゆったりサイズで、ラクに寝返りを打つことができます。収納ケースは裏返してタオルを入れればフランネル生地のまくらに変身。
寝袋をケースに収納するとクッションとしても活用できます。キャンプの後にはコインランドリーで丸ごと洗濯・乾燥ができ、気になる汚れや臭いも心配ありません。
さらに、スマホポケットや、暑い時に足元だけ開くダブルファスナーなど、キャンパー視点の工夫もこらしています。

アウトドアでも“おうちの寝心地”を実現する4つのポイント

西川本気寝袋

1) 詰めものには「グースダウン」を90%以上使用。
一般的なダウン寝袋はダックダウンを使用していますが、『西川本気寝袋』には羽毛ふとんに使用する高品質な「グースダウン」を使用。フィルパワー(羽毛のかさ高)が大きく、保温性と調湿性に優れています。

西川本気寝袋

2) 「立体マチキルト」でふかふか&あたたかさ長持ち
羽毛のふくらみを遮らない「立体マチキルト」縫製を採用。中の羽毛が片寄らず、ふかふかな肌触りとあたたかさをキープします。

3) 内側は毛布生地で抜群の肌触り
肌に触れる内側の生地には、毛布に使われるフランネル生地を使用。一般的な寝袋の内側はナイロン生地が多く、ひんやり感やカサカサ音、汗のべたつきなどを不快に感じる場合がありますが、毛布生地は抜群の肌触りで、アウトドアでもほっとするような“おうちの寝心地”を実現します。

西川本気寝袋

4) 快適な眠りへ導くゆったりサイズ
窮屈な寝袋では快適な睡眠がとれません。通常の寝袋より一回り大きいサイズ(約80×210cm)なので、脚を広げたり、寝返りしたりもラクラクです。
ファスナーを広げれば同時に2名をカバーできる掛けふとんになります。

コインランドリーで洗濯・乾燥OK

西川本気寝袋

コインランドリーでの洗濯・乾燥に対応した西川の羽毛ふとん「ランドリエ」の技術を応用した寝袋なので、キャンプの後にはコインランドリーで丸ごと洗濯・乾燥ができます。繰り返し洗ってもふんわり感とあたたかさをキープします。

まくらやクッションとしても使え、防災用にもおすすめ

西川本気寝袋

収納ケースは裏返してタオルを入れればフランネル生地のまくらに変身。
寝袋をケースに収納するとクッションとしても活用できます。リビングや車に置いておけば、非常時に助かる予備防災に最適です。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事