アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

登山の際に備えるべき非常食特集

登山の際に備えるべき非常食特集
日常生活をしていて食べ物が不足し、生命の危険を感じることはまずありませんが、登山のシーンでは、食料が底をついて遭難するケースが少なくありません。登山における非常食の備えは必須項目のひとつ。今回は登山の際に備えるべき非常食について特集します。

登山用非常食とはどんな役割?

登山 非常食

非常事態に備えるための食料

登山用非常食とは、登山中の非常事態(遭難)に備えるための食料です。

登山中に非常事態に遭遇することは、日常生活におけるそれよりもはるかに確率が高く、実際、日本各地の山で現実に起きていることだということを理解することが重要です。

トラブル発生時を想定して用意しておく

たとえば、登山中に天候悪化やケガや病気などといったトラブルが発生した場合、予定していた計画よりも大幅に遅れてしまうことがよくあります。計画が遅れることで発生してくるのが、食料や水不足の問題です。

登山中に、どういったトラブルが発生しやすいのか、そのとき、どのように対処するべきなのかを、あらかじめ想定しておかなければなりません。

非常食を用意することは、登山中におけるさまざまなトラブルについても考える機会となります。

 

登山用に求められる非常食の栄養や量は?

登山 非常食

非常食の栄養成分は糖質がおすすめ

人が必要とする栄養成分はおもに、糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質の3つがあります。

この3つの栄養成分のなかで、もっとも高カロリーなのは脂質です(1gあたり約9kcal)。糖質とタンパク質はともに1gあたり約4kcalの熱量を生みだします。

糖質は体内に吸収されてすぐにグルコース(ブドウ糖)というエネルギー源になるのに対して、脂質やタンパク質の場合は、エネルギーになるまでの消化吸収に時間がかかります。

そのため、助かるかどうか数日が勝負となる登山中の遭難では、短時間でエネルギー(身体の熱源や活動源)となる糖質がもっとも有効です。

非常食は 1日〜2日分を用意する

登山の際に、どのくらいの量の非常食を用意するべきなのかは、登山日数に応じて変化します。

登山遭難は長期におよぶケースも少なくありませんが、遭難して救助隊が到着するまでの1日〜2日分の非常食を備えておくのが一般的です。

用意しておくべき具体的な非常食の量については、以下の表で紹介します。

日帰り登山2食分の非常食(翌日の朝まで)
1泊2日の登山4食分の非常食(1日とその翌日の朝の分)
2泊3日の縦走登山6食分の非常食(2日分)

また、登山用の非常食は行動食とは別にして、小分けしたものをジプロックなどに入れてパッキングするのがおすすめです。

このとき、外箱などの過剰包装はあらかじめ除いて、軽くするようにしましょう。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事