アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

アウトドア雑誌「Fielder」とのコラボ焚火台「JIKABIDAI / 直火台」リリース

アウトドア雑誌「Fielder」とのコラボ焚火台「JIKABIDAI / 直火台」リリース
狩猟やサバイバル、ブッシュクラフトなど、「自然と人の本質的な関わり方」を発信するアウトドア雑誌「Fielder」とMAAGZがタッグを組みつくりあげたフィールドギア、その名も「JIKABIDAI / 直火台」。屈強かつ広大な火床を展開するフレーム構造により、大型の倒木をレイアウトに使う「ロングファイヤー型」を再現可能にした焚火台です。

JIKABIDAI / 直火台

安定した燃焼を長時間維持できるこの型は、最小限の荷物を持ち山に入る「山ヤ」や「釣り師」が好んで使うスタイル。
数ある薪の組み方の中でも非常にシンプルで、実用性において最高峰とも呼ばれています。
火床が横方向に広くフラットになるため、調理の自由度が高いのも特徴です。

【もっとも実用的な焚火レイアウト「ロングファイヤー」を完全再現】

JIKABIDAI / 直火台

腕ほどの太い丸太を平行に2本並べ、その間に薪を配置するロングファイヤー型。両側の丸太が壁となることで、薪から発生する可燃ガスが熱し続けられ、安定した燃焼が持続します。先人の知恵から生まれたこのレイアウトは、シンプルでありながら実用性に富んだ薪の組み方です。

【現地調達した倒木を躊躇なく使える、屈強なフレーム】

JIKABIDAI / 直火台

本製品の耐荷重は30kg。フィールドに落ちている重量級の倒木も載せられる想定で設計しています。上からの荷重を分散し土台を安定させるため、フレームはW字型のシンメトリー形状に。剛性を落とさない程度に肉抜きを施すことで、耐久性と重量のバランスも両立しました。

【実際の直火に即したロストルの形状と優れた燃焼効率】

JIKABIDAI / 直火台

吸気用に空けられたロストルの穴。両サイドに大きな丸太を載せた状態でも、下からの空気の流れが発生し燃焼を持続させます。
上記のことから大量に焚き付けを置いても、薪の可燃ガスを引き出すに足る熱量を引き出すため、火熾しも容易です。これは、実際の直火でロングファイヤー型のレイアウトを組む際、石や木片をゲタとして敷くのと同じ効果を狙っています。

【水平かつ広範囲な火床で安定した調理が可能】

JIKABIDAI / 直火台

同じ方向へ木(薪)を組むロングファイヤー型は火床をフラットにしやすいく、調理に適しているという特徴を持ちます。そのまま調理器具を載せるのはもちろん、両サイドに配置している丸太にごとくや薪を渡せば、調理の自由度がさらに上がります。

【地面にダメージを与えない最低限の地上高を確保】

JIKABIDAI / 直火台

直火の感覚を再現するために重要な火床の高さ。位置が高ければ直火の感覚は薄れてしまい、低ければ地面へのダメージが発生してしまいます。複数のパターンをテストすることで、直火の感覚を残しながら自然環境にも考慮した高さを実現しました。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事