アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

プラスチックフリーな生活は実践できる!日常での取り組み例とは?

プラスチックフリーな生活は実践できる!日常での取り組み例とは?
現在、大きく注目されているプラスチックごみの問題。環境保護を考えると、自分でもなにか貢献できないか、気になるところですよね。プラスチックをなるべく使わない「プラスチックフリー」な生活を目指して、日常のなかで行える取り組みをご紹介します。

プラスチックフリーが今注目を集めている理由

プラスチック フリー 生活

私たちの生活になくてはならないプラスチック製品。しかし、そのプラスチックの使用をなるべく減らそうという動きが、世界中で本格化しています。背景にあるのは、プラスチックごみがもたらす環境への悪影響が、無視できないレベルにまで大きくなってきたためです。

適切に処理されなかったプラスチックごみは、河川を通じて海に流れ出し、環境や生態系にさまざまな悪影響を及ぼします。また、プラスチックを生産する際に排出されるCO2が、地球温暖化の原因になることもご存知のとおりでしょう。

こうした問題を解決するため、各国でプラスチック製品の規制が強化されています。海に流れ出したプラスチックが引き起こす問題については、以下の記事もぜひあわせてご覧ください。

海洋プラスチックごみ問題!国や企業の取り組みと私たちができること

 

プラスチックフリーのためにできること

プラスチック フリー 生活

プラスチック問題の解決に、私たちが少しでも貢献できることはあるのでしょうか。日常生活のなかでも行える、とくに効果的なアクションをピックアップしてご紹介します。

水筒を用意する

まずは、お出かけの際に水筒を用意していくことから始めてみましょう。冷えたペットボトル飲料も魅力的ですが、製造のときにかなりのエネルギーが消費されています。自宅にある水筒を繰り返し使うことで、簡単に環境への貢献ができますよ。

固形石けんを使う

SNSで若年層にも人気を集めている固形石けんは、簡単な紙箱に入って販売されているものがあります。一方、多くのボディソープは、プラスチック容器に入れられているのが難点です。

また、石けんは使うぶんだけ泡立てられるので、ボディソープのように出しすぎることがないのもメリットですね。

ただ、固形石けんのなかには、洗浄力が強いものもあります。石けんがお肌に合わない方は、詰め替え用があるボディーソープを選ぶようにすると、プラスチックの使用を減らせますよ。

カウブランド 赤箱 バー 10個

月経カップを使ってみる

月経カップは天然素材のシリコンでつくられており、長い期間、繰り返し使いつづけられるのがよいところです。一方、ナプキンやタンポンなどの生理用品のほとんどは、合成繊維や高分子ポリマーといったプラスチックでできています。しかも、使い捨てです。

月経カップは、コンパクトなので持ち歩くのが簡単で、蒸れないといったメリットもあります。女性の方なら、選択肢の一つとして、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

月経カップ ボール型(ホワイト/M)

エコバッグを携帯する

エコバッグをお持ちであれば、ちょっとした買い物の際にも使えるよう携帯しておきましょう。レジ袋をもらうのを1回辞退すれば、33gのCO2を削減できますよ。

ただ、エコバッグを製造するときにも、環境負荷が発生するとされています。現在持っているエコバッグや手提げ袋を、できるだけ長く使うことを考えてみましょう。

出典:3R 原単位の算出方法 環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事