風の谷の焚火台は風や火おこしに困らない。焚火台自体に防風と急速燃焼機能を搭載しています。調節する楽しさ、可動フラップによる「燃焼」と「薪組み」体験。初心者でも簡単、約A4小型収納と3工程組立てのソロ向け焚火台です。

風の谷の焚火台

風の谷の焚火台

フラップはいつでも自由に開閉でき、片側最大40度の開閉調整が可能。これにより風を防ぐ方向、焚火の燃焼状態、薪炭の容量を調節することができます。

風の谷の焚火台

薪をくべて焚火を管理する人、酸素を供給する空気の流れ、斜面による薪の積みやすさが集約された谷形状。人と炭が向かい合う椅子のようなかたちとなりました。

風の谷の焚火台

フラップを閉じた時は内部空間が縦長傾向で、火おこし器やストーブ系焚火台の煙突効果に近い急速燃焼が可能。火種から炭火をおこすのに便利です。

風の谷の焚火台

容量に合わせてフラップを広げて調節。フチを利用して立体的に薪を積むことができます。径100×長さ300mmサイズの丸太も許容範囲です。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。