アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

刀鍛冶が監修、叩きやすさを追求したキャンプ専用ハンマー「手槌」登場

刀鍛冶が監修、叩きやすさを追求したキャンプ専用ハンマー「手槌」登場
キャンプ専用ハンマー「手槌」は刀鍛冶と木工職人、金属加工の匠がチームで挑んだキャンプ専用ハンマーです。日本古来の重さと重心を活かした道具で、身体の負担を軽減、木工職人の技による握りやすいハンドルで気軽に扱える操作性です。

キャンプ専用ハンマー「手槌」

工芸×工業。刀鍛冶と木工職人、金属加工の匠が手を組んだ日本謹製のキャンプ専用ハンマー。日本古来の打ちやすさを追求した鍛冶の技術で、キャンプをもっと楽に。

キャンプ専用ハンマー「手槌」

ハンマーはキャンプなどを快適に楽しむためには必要不可欠なアイテムです。
ペグダウン、薪割りに苦労されたり、手首に負担を感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんなお悩みを解決すべく、清須市のガレージブランド「尾張の大うつけ」が、淺野鍛冶屋の刀匠の監修の下に開発したキャンプ専用ハンマー「手槌」(てづち)です。

キャンプ専用ハンマー「手槌」

叩く部分が片側にだけ伸びている特殊な形状をしています。片側に伸びているので、前側に付いた重心で重さのあるヘッドの落下速度が増し、手首に力を入れなくとも一打一打の力が良く伝わります。
さらに、アーチ状とL字型のヘッドのカタチは、大きく振りかぶるのではなく、狙いを定めて打ち落とし、正確に力を伝えるために役立つとされています。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事