アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

トライポッドの使い方を紹介、キャンプで使える便利な利用方法とは?

トライポッドの使い方を紹介、キャンプで使える便利な利用方法とは?

トライポッド 使い方

トライポッドの使い方を知りたい方は必見。本記事では、トライポッドのさまざまな活用法を紹介します。調理に使う以外にも、使い方はアイディア次第で広がりますよ。使用時の注意点も説明しているので、ぜひ参考にしてください。

 

トライポッドはどう使う?具体的な使い方5つ!

トライポッド 使い方

トライポッドはキャンプのさまざまなシーンで活躍します。

便利な利用方法を具体的に5つ紹介するので、順に見ていきましょう。

①焚き火料理で大活躍!火の調節がしやすく便利

焚き火料理は火加減が難しいものですが、トライポッドなら大丈夫。

調理器具を吊るす長さを変えられるため、焚き火に近づけたり遠ざけたりして、火加減の調節が可能です。

トライポッドを使って、ぜひいろいろな料理に挑戦してみましょう。

煮込み料理に使う

まずトライポッドの代表的な使い方として挙げられるのが、ダッチオーブンなどでつくる煮込み料理です。

炭や薪の量はそのままでも、鍋を吊るす高さを変えて、弱火〜強火を調節できます。

煮込み料理は微妙な火加減が必要です。トライポッドを使えば、煮えくり返ったり火が通らなかったりするのを避けられますよ。

飯ごうでご飯を炊く

トライポッドは火の調節がしやすいので、飯ごうでご飯を炊くのにも便利です。

ご飯は、弱火・中火・強火の調節をしないとうまく炊けません。

おいしいご飯を炊くためには蒸らしも大切ですが、火から遠ざければふっくらと蒸しあがります。

料理を保温する

煮込み料理などは、遠火にしておけば保温もできます。

具材が煮詰まりすぎることなく、長い時間アツアツの状態で食べられますよ。

また、遠火で使用しているときは下にスペースが空くため、焚き火に焼き網をセットすれば、同時にバーベキューも楽しめます。

近火と遠火で異なる料理を同時に調理できるのは、トライポッドならではの魅力ですね。

魚・肉を吊るして焼く

魚や肉の焼き料理にも活用すると、さらにキャンプ気分が上がるでしょう。

遠火でじっくり焼けば、焚き火の煙で燻製のような調理も可能です。

燻製をつくるときは、焚き火のなかにスモークチップを投入し、香りづけしてみてくださいね。

食材をトライポッドのフックに直接ぶら下げることもできますが、焼き網を吊るして焼く方法もあります。

焼き網は数種類の食材を同時に焼けるので、時短にもなり便利です。

ケトルで湯を沸かす

ケトルでお湯を沸かすときも、トライポッドを使えば雰囲気を楽しめます。

もちろん焼き網のうえにケトルを置けばお湯は沸かせますが、トライポッドがあるなら使ってみましょう。

実用重視ではないお湯の沸かし方で、ゆったりとしたリラックスタイムにぴったり。キャンプならではの雰囲気を味わってみてください。

また、トライポッドにケトルを下げて保温しておけば、いつでもお湯を使いたいときに使えるのがメリットです。

ケトルは焚き火対応のものでないと、破損や事故につながるので注意してくださいね。

②ランタンハンガーとしても使える!

トライポッドにランタンを吊るせば、照明スタンドとしても使えます。

埋め込み式のランタンハンガーとは違い、場所の移動にも便利です。

トライポッドの耐荷重によっては、重さのあるオイルランタンやガスランタンなども吊るせます。

吊るす高さで照らせる範囲を変えられるのも、トライポッドの便利なところですよね。

③ギアをかける小物置きにもなる!

ばらけがちな小物も、トライポッドに吊るしておけば行方不明になりません。

トライポッドに吊り下げることで生活感がなくなり、サイトの雰囲気もよくなります。

地面から距離を取れるので、汚したくない洋服や食器などの置き場所としても便利です。

洋服はハンガーを使うと吊るしやすいですよ。

④食器を乾かすのにも使える!

トライポッド 使い方

洗った食器もトライポッドに吊り下げて乾かしてみましょう。

そのまま吊り下げても使えますが、メッシュかごなどがあれば、数種類の食器を同時に乾かせます。

食器を乾かすために場所をとったり、他のギアが濡れたりすることがありません。

⑤蚊取り線香も吊るせる!

蚊取り線香を吊るせば、虫除けにも活用できます。

夏のキャンプなど、虫が気になる季節には便利ですよね。

蚊取り線香スタンドを持ち運ぶ必要がなくなるので、荷物を減らすこともできます。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事