アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

銅合金専門の鋳造所が作る “四隅まで焼ける”究極の銅合金製たこ焼き器『takotto』

銅合金専門の鋳造所が作る “四隅まで焼ける”究極の銅合金製たこ焼き器『takotto』
家でも簡単に作れ、みんなが集まった時にもワイワイ作って食べる「タコパ」はもはや定番です。imonoから銅合金鋳物製のたこ焼き器『takotto』が出来ました。 『takotto』は銅合金鋳物製のため熱伝導が良く、カリッと隅々まで焼けてご家庭でもプロの味が簡単に再現出来ます。そして、たこ焼き以外にも色々な料理が作れます。

銅合金鋳物製たこ焼き器「takotto」の特長

takotto

1. 熱伝導が違う!!銅合金製だからこそ実現できる専門店の味 カリッ!ふわっ!本格たこ焼き
2. 銅合金鋳物鋳造メーカーが作る本気のたこ焼き器!!
3. アウトドアやホームパーティに最適な簡単スピーディーな調理

銅合金鋳物製たこ焼き器『takotto』は、銅の熱伝導の良さで素早く全体が温まり、3.0mmの厚さで、蓄熱性の高さも兼ね備える、究極のたこ焼き器です。
鋳物製で丈夫に作られていますので、ご家庭ではもちろん、キャンプやアウトドアにもぴったりなギアとなっております。

素早く熱を伝える「熱伝導率の高さ」

takotto

 『takotto』の魅力は、高い熱伝導率にあります。熱が全体に伝わることで、四隅もしっかりと焼けて、焦げや焼きムラができにくいというメリットがあります。
銅は鉄の約5倍の熱伝導率があると言われています。少ない火力でもまんべんなく熱が伝わるため、鉄製や電気製のたこ焼き器の弱点である四隅が焼け残る問題も、熱が伝わりやすい『takotto』は四隅までカリッと焼けます。
熱源の大きさは鍋底と同じくらいのサイズで、弱火~中火が基本となります。
弱火で十分調理が可能ですので、省エネにもつながります。

(左 ねずみ鋳鉄 熱伝導率[W/(m・K)] 42.8 右 リン青銅 熱伝導率[W/(m・K)] 84
 一般的に使用される熱伝導率を当社3Dデータにあてはめコンピュータによる熱解析をおこない、熱伝導率による熱の伝わり方の違いを可視化したものです。)

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事