鍛冶職人が繰り返し打ち鍛えた表情はまるで月。「鍛月」と名付けたそのフライパンは、深く愉しむことのできる工芸品の佇まいをまといます。鍛造により不純物が取り除かれ、熱伝導率が安定し、食材を美味しく仕上げます。

フライパン「鍛月」

日本の美意識を体現する、工芸品としての美しい形、調理後は そのままお皿として、 熱々のまま食卓へ。

フライパン「鍛月」

日常使いにオススメの刀の柄を模した、「TUKA」。
調理後はお皿としても使用可能です。

フライパン「鍛月」

「MAGE」は厚みがあり、キャンプなどのアウトドアにオススメです。
頑丈に作っているため、多少手荒に扱っても大丈夫。アウトドアでの調理にも存分にお使いいただけます。

フライパン「鍛月」

鉄はその熱伝導の良さから食材を置いても温度が下がりにくく、またムラなく均一に火が通るため、厚いステーキ肉などもうま味を逃がさず表面はこんがりと、中はふっくらジューシーに焼き上げることができます。

フライパン「鍛月」

お肉が似合うフライパン、そのままお皿としても使用可能です。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。