アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

スノボー初心者必見!春のスノーボードはどんな服装だと滑りやすい?

スノボー初心者必見!春のスノーボードはどんな服装だと滑りやすい?
3月以降もスノーボードを楽しみたいけれど、冬と同じウェアだと暑くて滑りにくそう…。そういった、ウェア選びに悩んでいる方必見!天気が変わりやすい春のスノーボードシーズンは、どのような服装で滑るのが良いのか見ていきましょう。

 

春のスノーボードのゲレンデ状況は?

春スノボ ウェア

春が近づくにつれ、ゲレンデの気温は10度前後まで上がります。

冬と同じウェアで滑ったら、リフト1本で汗をかいてしまったという経験をした方も多いはず。

駐車場や山麓付近で肌寒いと思っても、想像以上に動き回り高確率で汗をかくため、服装の調整が難しいシーズンです。

また、気温が上がることで雪がシャバシャバになり、ブーツやウェアが非常に濡れやすいという点も気になるところ。

一度転んだだけでもウェアが濡れ、そのままリフトに乗るとどんどん水が染み込んでびしょ濡れ状態に…。

転んでも痛くないシーズンだからこそ、春のスノーボードのウェア選びはおろそかにせず、快適な状態で滑れるように準備をしましょう!

 

気温が高くて暖かい!晴れた日の服装

春スノボ ウェア

ぽかぽか陽気の晴れた日、上は半袖インナーとトレーナーもしくは、パーカーだけで十分快適に滑ることができます。

下は、さらさらした薄手の「スパッツ」と転んだ時に雪が入るのを防いでくれる「ビブパンツ」がおすすめです。

(ユナイテッドアスレ)UnitedAthle 4.1オンス ドライ アスレチック Tシャツ

namelessage(ネームレスエイジ) ×purplecow スノーボード パーカー

namelessage(ネームレスエイジ) スノーボード ウェア ビブパンツ

暑くなるため薄着で良いのですが、特に長時間滑る方は汗を吸収できるインナーを上下ともに着用しましょう。

日中との寒暖差に注意して服装を選ぶと1日中快適に滑れます。

トレーナーやパーカーには、リストゲーターと呼ばれる手首からの雪の侵入を防ぐ機能が付いているものがおすすめです。

また、溶けた雪で濡れるのが嫌だという方は、ロングTシャツと撥水性の高い薄手のナイロンジャケットを着るのがおすすめ!

トレーナーやパーカーよりも撥水効果があるので、より濡れにくく快適になりますよ。

ページ: 1 2
   
   

スノーボードカテゴリの最新記事