アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

キャンプに焚き火シートが必須な理由と選び方を紹介します

キャンプに焚き火シートが必須な理由と選び方を紹介します
焚き火シートには、焚き火による火の粉から地面を守ったり、後片付けを簡単にしたりする役割があります。キャンプ場の美しさを守るためにも必要なキャンプギアのひとつです。そこで焚き火シートの種類や選び方、おすすめシートを詳しく紹介します。

焚き火シートが必要な理由

キャンプ 焚き火シート

焚き火シートとは

焚き火シートとは、焚き火をする際に焚き火台の下に敷くシートのことで、耐熱性や断熱性が高い素材で作られています。

直火禁止のキャンプ場が多い中、焚き火台の使用だけでは防ぎきれない芝生や木のテーブルなどをダメージから守るアイテムです。

キャンプ場で焚き火をするときのマナーとして焚き火シートの使用が周知され、多くのキャンパーが使用しています。

焚き火の火の粉から地面を守る

焚き火のときは、薪がはぜたり火の粉が飛び散ったりします。焚き火シートを使用すれば、地面の汚れを防ぐことができます。また草や落ち葉が燃えるリスクを軽減します。

後片づけの手間が減らせる

焚き火シートは燃えカスをまとめて灰捨て場に持って行ったり、炭壺に捨てたりするのに便利です。焚き火の片付けが簡略化できるので、撤収時が楽になります。

 

焚き火シートの種類

キャンプ 焚き火シート

ガラス繊維

ガラス繊維はガラスを原料として作られおり、連続使用可能温度が1,000℃以上と耐熱性が非常に優れています。

触り心地はチクチクした感じがあり、シリコンコーティングで触り心地が改善されているタイプもあります。比較的安価なものが多く、使いやすい素材です。

シリカ繊維

シリカ繊維は無機質の高耐熱ガラス繊維を加工して作られていて、触り心地はチクチクしていて、ガラス繊維より耐久性に優れています。

また連続使用可能温度は1,100℃以上となっています。ただし、擦れに弱く傷むことがあり、長時間の使用には不向きです。

耐炎繊維

耐炎繊維は特殊なアクリル繊維を高温に焼成することで作られているため、高い耐熱性と耐炎性があります。

ガラス繊維やシリカ繊維と異なり、耐炎繊維だけはチクチクしないなめらかな手触りです。繊維が柔らかいのでコンパクトに折り畳むことができるため、かさばらずに収納できます。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,279 (2022/05/18 18:49:17時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプ道具カテゴリの最新記事