Fireproof HCG TENT

生地を織る機械は織機(しょっき)と呼ばれ、この織機には「緯糸(よこいと)を通すためのシャトルがある”シャトル織機”」と「シャトルを使わない”シャトルレス織機”」があります。
シャトル織機は力があり帆布を織るには最適ですが、職人の手作業が必要な部分も多く生産効率に欠けるため、現在では世界の多くの工場で生産効率の良いシャトルレス織機が使用されています。

Fireproof HCG TENT

しかし、こだわりのある日本製帆布を製造している工場では、今もなおシャトル織機を使い続けています。日本の職人の高い技術で丁寧に織られる生地は、ふっくらとボリューム感のある自然な風合いの生地に仕上げることができます。また、高密度で織ることから耐久性が非常に高いのも特徴です。

Fireproof HCG TENT

帆布は少しの時間、ライターなどの火を直接あてても何ともないくらいの耐火性の高さが特徴です。
前面パネルのテント下で焚き火をしていただいても大丈夫です。

Fireproof HCG TENT

コットンのデメリットは水に弱いことです。通常の帆布生地は水にぬれるとすぐに染み込み、内部に浸透してきてしまいます。
Fireproof HCG TENTに使用している帆布にはパラフィン樹脂加工を施し撥水性を持たせました。
ある程度、水をはじくので多少の雨であれば侵入を防げます。

Fireproof HCG TENT

パラフィン加工帆布は芯のある張り感が特徴です。この張りのある風合いも使い込むことで徐々に柔らかく変化します。
使用すると擦れたり折れたりした部分に白っぽい跡(チョークマーク)が付きます。これはパラフィン最大の特徴で、パラフィンらしさでもあります。
また、パラフィンそのものも色が徐々に変化するため、使い込むことで経年変化し、なじんでいきます。

Freproof HCG TENT

Fireproof HCG TENT

一般販売予定価格 ¥129,800-
※クラウドファンディングでは¥104,800-~の特別価格で支援購入が可能です。

・素材:帆布(コットン100%) パラフィン樹脂加工済み
・重量:約5.5kg
・展開サイズ:W400cm×H300cm
・設営時サイズ:約W280cm×L150cm×120cm(自立ポール間約200cm)
・前面開放ファスナー2ヶ所(ハトメ有り)
・両サイドひねりフック/コード付きテープ縫付(20ヶ所)
・付属品:約2.5m金具付きパラコード×6本、Dカン付ベルト
・カラー:Black / Olive Drab (2カラー)


CAMPFIRE

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。