ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【ソロキャンプ】何を持っていく?ギアとバックパックへのパッキング方法

【ソロキャンプ】何を持っていく?ギアとバックパックへのパッキング方法
先日バックパックソロキャンプにいってきました。なにを準備し、どうやってパッキングしているかを知りたいかたも多いはず。そこで今回はバックパックソロキャンプに持っていくギアやパッキング方法について詳しく紹介しますのでぜひ参考にしてください。

ソロキャンプにもっていくギアを紹介

ソロキャンプ 準備

今回のバックパックソロキャンプにもっていくギアを紹介していきます。

  1. タープテント
  2. シュラフ
  3. マット
  4. 焚き火ギア
  5. クッカー類
  6. テーブル
  7. その他(釣り竿・照明・イス・食料)

①タープテント:DDタープテント

ソロキャンプ 準備

春から秋にかけてのシーズンは、標高の高い山でないかぎりタープ泊が可能です。タープテントのメリットとデメリットを簡単にまとめました。

タープテントのメリット 軽くて携帯に便利
設営と撤収が簡単
キャンプテントに比べて値段が安い
タープテントのデメリット 季節によっては寒いことがある
プライバシーの確保が難しい
場所によっては毒蛇に注意しなくてはいけない

今回は多くのソロキャンパーから支持されているDDタープテントを使用しました。軽くて設営も簡単です。

②シュラフ:Snugpak(スナグパック) 寝袋 スリーパーエクスペディション

暑い場合はジッパーを開放して温度を下げることができますが、寒いときにはどうにもなりません。そのため、冬山にも対応しているシュラフを用意しました。

こちらのシュラフは冬山に対応していますが、気温が低いときは寒いことがあるので、上にかける毛布のようなものがあるとさらに安心です。

③マット:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット

当初コットを持っていく予定でしたが、すでに総重量が20㎏に達していたため、あえなくマットに切り替えました。地面でじかに寝るため、マットは必需品です。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,100 (2021/05/16 04:26:00時点 Amazon調べ-詳細)

④焚火ギア:firebox

キャンプのときには必ずといっていいほどfireboxを使用します。そのあたりに落ちている枝が燃料になるため、燃料を持参する必要がありません。

ただし、雨が降ったときは燃料の確保に苦労することがあるので、天気予報をみて雨の場合は事前に薪などを用意して持参するようにしましょう。

⑤クッカー:キャプテンスタッグケトルクッカー

ソロキャンプ 準備

今回のソロキャンプで使用するのはキャプテンスタッグケトルクッカーです。注ぎ口が精工につくられていて、コーヒーをいれるとき、繊細な水滴を落とすことができます。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,809 (2021/05/16 04:26:02時点 Amazon調べ-詳細)

⑥テーブル:キャプテンスタッグ グリルスタンドテーブル

テーブルにもゴトクにもなるすぐれもの。天板をおろすと防風用の板になります。筆者が愛用するfireboxとの相性も抜群です。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,200 (2021/05/16 04:26:02時点 Amazon調べ-詳細)

⑦その他(釣り竿・照明・イス・食料)

今回は源流での鱒釣りも楽しもうと思ったので釣り竿を持参しました。照明やイス、食料などもソロキャンプでは欠かすことのできないアイテムです。

ページ: 1 2
   
   
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,100 (2021/05/16 04:26:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,809 (2021/05/16 04:26:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,200 (2021/05/16 04:26:02時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプ道具カテゴリの最新記事