※このページにはアフィリエイトリンクが含まれています。

キャンプに行く際、ケトルの持参を検討するキャンパーは多いことでしょう。この記事では、失敗しないケトルの選び方やケトルの利点を分かりやすく紹介します。さらに、キャンプをより楽しむためのおすすめ商品もいくつか紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプにケトルがあると便利!その理由とは?

キャンプ ケトル

キャンプでケトルを使用するメリットはいくつかあります。ここでは、3つのポイントにしぼって紹介します。

火を使用せず安全にお湯を沸かせる

電気ケトルを使用すると、火を使わずにお湯を沸かせます。そのため、キャンプ初心者や子供がいる家族が安心して使用できる点が大きな魅力です。電気ケトルの使用中に目を離しても問題ないため、火の心配をせずに他の作業を並行して進められるでしょう。

また、電気ケトルは、火を使う方法よりも短時間でお湯を沸かせるのが特徴です。お湯を沸かす時間を短縮することで、その他のアウトドアアクティビティに充てる時間を増やせます。

調理中お湯を沸かすときに便利

ケトルを使用することで、鍋などを用いた料理に専念しながら、お湯も同時に沸かせます。特に、慌ただしくなりがちな朝食時や、家族や友達同士のキャンプでさまざまな料理を準備する際の大きな利点といえます。

また、鍋などの大型の調理器具を使ってお湯を沸かそうとする場合、沸騰するまでに時間がかかりがちです。ケトルがあれば、必要なぶんだけのお湯を短時間で効率的に沸かせるでしょう。

また、ケトルには蓋が付いているため、熱を逃さず非常に効率的にお湯を沸かせるのが特徴です。これは特に、時間が限られがちなアウトドアシーンでの調理に向いているでしょう。また、効率的にお湯を沸かすことで、ガスやホワイトガソリンなどの燃料の節約につながります。

お湯を注ぎやすい

ケトルはその設計上、お湯の注ぎやすさに特に優れています。持ち手と注ぎ口のデザインがお湯を注ぐのに特化した形状をしており、うまくコントロールしながら注げます。

お湯の注ぎやすさはキャンプでの様々な場面で活躍するでしょう。例えば、コーヒーを淹れる際は、お湯の量を細かく調節しながら自分好みにおいしく仕上げられます。また、コーヒーほど繊細にお湯を注ぐ必要がない緑茶や紅茶などのティー類もおいしくできるでしょう。また、スープ類も同様に、調理時に適量を注げます。

さらに、商品のなかには、ケトルの持ち手が耐熱加工されているものがあります。そのため、火傷の心配をそれほどすることなく使用できるでしょう。たとえば、焚き火やツーバーナーなどの上でお湯を沸かす際に非常に有効です。安全性に十分に考慮したうえで使用できるのがうれしいポイントです。

キャンプ用ケトルの正しい手入れ方法

キャンプ用ケトルは、適切な手入れをすることで長期間にわたって快適に使用できます。ここでは、その手入れ方法を詳しく紹介します。以下を参考にし、ぜひ実践してみてください。

ケトルの基本的な洗浄と乾燥手順

使用後のケトルは、あたたかいうちに洗いましょう。あたたかいうちに洗えば、汚れが落ちやすいためです。冷めてしまうと油分などの汚れが固まり、落ちにくくなります。

中性洗剤を使い、柔らかい布やスポンジでケトルを優しく洗いましょう。内側と外側をしっかりと洗ってください。なお、アルミニウム製やステンレス製のケトルでは、金属たわしの使用を避けることが大切です。金属たわしによって傷つき、サビてしまう可能性があります。

洗浄後はしっかりとすすぎましょう。その後、ケトルを逆さまにして乾燥させるのがポイントです。逆さまにすることで、ケトルの中に水分を残さずに完全に乾燥できます。また、サビ(錆)やカビも防げるでしょう。

焦げつきや頑固な汚れの落とし方

ステンレス製やホーロー製のケトルに頑固な汚れや焦げつきがある場合は、セスキ炭酸ソーダを溶かした温水に浸けてください。セスキ炭酸ソーダには、酸性の汚れを落としやすくする働きと、タンパク質を分解する働きがあります。料理時の油汚れ・衣類の襟や袖についた皮脂汚れ・血液による汚れ・手アカを落とすのに適しています。

セスキ炭酸ソーダの温水に数分~数十分ほど浸けた後、スポンジで優しくこすって汚れを落としましょう。なお、アルミ製のケトルでは、やわらかい布や研磨剤を使用して、慎重に汚れを落とす必要があります。

長期保管時のメンテナンスと注意点

ケトルを長期間使わない場合、完全に乾燥させてから、直射日光の当たらない湿気の少ない場所に保管しましょう。なお、保管中にケトル内に乾燥剤を入れると、より強力に湿気を防げます。

さらに、定期的にケトルの状態をチェックし、必要に応じて軽く洗浄して乾燥させることが大切です。

【形状・素材・容量】キャンプ用ケトルの種類や特徴を紹介!

キャンプ ケトル

キャンプ用ケトルの3つの形状の違い

キャンプ用のケトルには、主に3つの形があります。それぞれに特性があるので、形状別のメリットを知り、自身のキャンプスタイルに合ったケトルを見つけてください。

お湯が早く沸かせるやかんタイプ

やかんタイプのケトルは、底面積が広く、短時間で効率的にお湯を沸かせるのが大きな特徴です。チェックアウトまでにそれほど時間の余裕がない朝の忙しい時間帯や、お湯が急に必要になった場面で活躍するでしょう。

また、やかんタイプのケトルはコンパクトなサイズで設計されているものが多く、容易に持ち運べます。ソロキャンパーや少人数のグループに適しており、限られたスペースでも効率的に使用できます。また、デザインがシンプルなため、初心者でも簡単に操作できるのもメリットです。

一度にたくさんのお湯が沸かせる縦長タイプ

縦長タイプのケトルは、大量のお湯をまとめて沸かせるため、大人数でのキャンプや湯たんぽを使う際に便利です。たとえば、家族や友達同士など、複数の人が同時に飲み物を楽しむような場面にぴったり。一度に多くの食事を準備する際も活躍するでしょう。

さらに、しっかりした持ち手が側面についている場合が多いので、満水の状態でも持ち運びやすいのが魅力です。炊事場とテントサイトがやや離れていても、水をこぼさずに持ち運べるでしょう。

クッカーとしても使用できる寸胴(ずんどう)タイプ

寸胴タイプのケトルは、さまざまな機能性がある点が大きな魅力です。ケトルとしての使用はもちろん、クッカーとしても活用できます。キャンプで調理をする際の幅が広がるでしょう。また、ケトルの中にキャンプギア・調理器具・食材などをまとめて収納できるため、持ち運びやすいのが特徴です。

寸胴タイプは、スペースをできるだけ有効に使いたいハイカーやバックパッカーにぴったりです。機能性と便利さを兼ね備えた多目的ケトルとして、多くのキャンパーに愛用されています。

キャンプ用ケトルの4つの素材と特徴

ケトルを選ぶ際の重要なポイントのひとつは素材選びです。それぞれの素材に、向いている用途や特徴があります。それぞれの素材の特徴を理解したうえで選ぶことで、より上手に活用できるでしょう。素材別の主な特徴を以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

軽くて持ち運びやすいアルミ製

アルミ製のケトルは、非常に軽くて持ち運びやすいのが大きな特徴です。バックパッキングやハイキングなど、荷物の重量を極力減らしたいシーンに好適です。

また、アルミニウムは熱伝導率が高いため、短時間でお湯を沸かせるのも魅力。これは、朝食の準備などで急いでいる場面で特に便利です。ただし、アルミニウムは他の素材と比較して耐久性が劣る場合があるため、取り扱いには注意が必要です。ソロキャンプや小規模なキャンプで、携帯性を重視する人に特に向いているでしょう。

丈夫で長持ちするステンレス製

ステンレス製のケトルは、耐久性に優れているのが魅力です。高火力に耐えられるうえにサビにくいので、長期間にわたって使用できます。焚き火やツーバーナーの高火力で一気にお湯を沸かせるでしょう。また、使い込むほどに風合いが増すため、キャンプギアとしての愛着もわきやすいといえます。

重量は、アルミニウム製に比べるとやや重めです。しかしその分長持ちするため、頻繁にキャンプを楽しむ人におすすめです。

おしゃれな雰囲気のホーロー製

ホーロー製のケトルは、おしゃれなデザインが大きな魅力です。カラーや柄がついているものが多く、観賞して楽しめます。ホーロー製のケトルを使えば、テントサイトをおしゃれな雰囲気に仕上げられるでしょう。

さらに、機能面に優れているのも特徴。保温性と耐久性が高く、アウトドアシーンでの長時間の使用に適しています。使用するのにくわえ、観賞して楽しみたいキャンパーにぴったりの素材です。

お湯がすぐに沸く銅製

銅製のケトルは熱伝導率がとても高く、短時間でお湯を沸かせるのがメリットです。また、銅には抗菌作用があるため、衛生的に使い続けられます。

一方で、価格が高い傾向があります。さらに、重量があるのも特徴です。そのため、予算面や持ち運びやすさの2点をしっかりと考慮する必要があるでしょう。美しい外観と優れた機能性を求めるキャンパーに適しています。

キャンプ用ケトルの容量の目安

キャンプでのお湯の使用量は、活動の内容や参加人数によって大きく異なります。そのため、適切な容量のケトルを選ぶことが重要です。容量が少なすぎれば、不便さを感じるでしょう。

一方で、サイズが大きすぎると置き場所に困ることがあります。用途や目的に応じた適切なサイズのケトルを選べば、快適なキャンプを楽しめるでしょう。小容量と大容量のケトルの具体的な使用シーンを紹介します。

小容量(1L未満)のケトル

1L未満の小容量ケトルは、ソロキャンプや少人数でのキャンプにおすすめです。このサイズのケトルは、コーヒー・ティー・カップ麺など、少量のお湯が必要な時に非常に便利です。

たとえば、コーヒー1杯を200mlで作る場合、数人分のコーヒーを一度に用意できます。また、カップ麺を作る際は、一般的には350ml程度のお湯が必要です。これを基準にすると、2~3人分のお湯を一度に沸かせるでしょう。小容量ケトルは持ち運びやすく、限られたスペースを有効に利用できるため、コンパクトなキャンプやハイキングにも適しています。

大容量(1L以上)のケトル

1L以上の大容量ケトルは、大人数のグループキャンプやファミリーキャンプにぴったりです。大容量のケトルを使用すると、複数人分のコーヒーやティーを一度に沸かせるため、大人数での飲食に便利です。

また、寒い季節のキャンプでは、湯たんぽを使用する際に十分な量のお湯を用意できます。さらに、食事後の洗い物などで大量のお湯が必要な場面でも、大容量ケトルは役立ちます。大容量ケトルは、キャンプ・アウトドアでの料理を長時間楽しむ際に重宝するでしょう。

キャンプ・アウトドア用ケトルのおすすめブランド・メーカー4選

アウトドア向けのケトルを販売している有力なアウトドアメーカーを4社紹介します。それぞれのメーカーに魅力や特徴があるため、ぜひ参考にしてください。

スノーピーク(Snow Peak)

新潟県を拠点とするスノーピークは、日本を代表するアウトドアメーカーの一つです。洗練されたデザインと優れた品質が、ほかにはない大きな魅力です。アウトドア愛好家の間で高い評価を受けています。

特にケトルにおいては、シンプルながらクラシックなデザインが魅力。機能性にも優れているため、デザインと機能性の両方を重視する人におすすめです。ほかのブランドよりやや高価な傾向がありますが、その品質は価格に見合ったものと言えるでしょう。

コールマン(Coleman)

アメリカ発祥のコールマンは、豊富なアウトドア用品をラインナップしています。ケトルに関しては、焚き火に対応するやかんタイプや、耐久性が高い縦長タイプなど、様々なニーズに応える商品を提供しています。

初心者や経験者など、熟練度を問わず幅広いキャンパーに対応する手頃な価格が魅力のひとつです。また、多くの取扱店があるため、実際に手に取って選べるのも大きな利点です。

ユニフレーム(UNIFLAME)

新潟県燕市に本社を構えるユニフレームは、調理器具を幅広く取り揃えている点が大きな魅力です。ケトルにおいては、焚き火やバーベキューに向いている耐久性の高い商品を販売しています。また、容量を豊富に取り揃えているのも特徴です。

コーヒー豆のロースターやサーバーなど、コーヒー関連のアイテムが充実している点は、特にコーヒー愛好家にとって非常に魅力的。アウトドアでのコーヒーにこだわりを持つ人に特におすすめのメーカーです

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)は、安価なアウトドア用品を幅広く展開しています。1976年にパール金属のアウトドア部門として設立されたこのメーカーは、アメリカのバーベキュースタイルを日本に普及させることを目指し、バーベキューコンロや様々なアウトドア用品の開発に取り組んできました。

特にケトルにおいては、品質の高さと実用性から、多くのアウトドア愛好家から高い評価を受けています。また、キャンプ用品に留まらず、サイクリングやカヌーといったアウトドアスポーツ用品やガーデニング用品など、幅広いジャンルを手がけています。

【キャンプ向き】おすすめケトル11選を紹介!

おすすめキャンプケトル:やかんタイプ

【Overmont】アウトドアケトル

アルミ製で軽量のケトルです。シンプルながら持ち手のワンポイントカラーがおしゃれです。

最大1.2Lのお湯が沸かせるので、キャンプで美味しいコーヒーやスープが飲みたいという場合にとても便利な容量です。

また、メッシュバッグが付属しているので、保存や持ち運びにとても便利で人気があります。

Overmont アウトドアケトル 0.8L
Overmont アウトドアケトル 0.8L

【Fire-Maple】アウトドアケトル

3年保証がついたコスパのよいおしゃれなケトルです。軽量なアルミ製で、一度に0.7Lのお湯を沸かせます。

メッシュバッグが付属しているので、持ち運びやすいでしょう。自宅でも使いやすく、初めてケトルを購入する人におすすめのケトルです。

Fire-Maple バックパッカーケトル
Fire-Maple バックパッカーケトル

【LOGOS】ザ・ケトル

フラット型なので、かさ張らず気軽に持ち運べるロゴスオリジナルのケトルです。アルミ製なので非常に軽いのが特徴。また、底面積が広いため、750mlのお湯をすぐに沸かせます。

さらに、ケトル表面に傷がつきにくいハードアルマイト加工がしてある点も好印象ですね。

ロゴス ザ・ケトル
ロゴス ザ・ケトル

【GSI】グレイシャー ステンレスケトル

シンプルで使い勝手のよいステンレス製のケトルです。1Lの容量なので、キャンプにはちょうどよいサイズ感ですね。

お湯を沸かす際に、蓋を開けるつまみや持ち手が熱くなるので、使用する際は注意が必要です。

GSI グレイシャーステンレスケトル
GSI グレイシャーステンレスケトル

おすすめキャンプケトル:縦長タイプ

【snow peak】クラシックケトル

ステンレス製でしっかりとした作りのケトルです。最大1.8Lのお湯を一度に沸かせます。

美しいフォルムが人気で、焚き火のなかに入れて使うのを躊躇してしまう人もいるようです。直火で使うことで、さらに味が出て美しくなるという口コミがあります。

デザイン性を重視して選びたい人は見逃せない商品です。

スノーピーク クラシックケトル1.8
スノーピーク クラシックケトル1.8

【coleman】ファイヤープレイスケトル

高火力でも使用できるステンレス製のケトルです。焚き火で使っても注ぎ口から灰が入らないように蓋がついているのがうれしいポイントですね。

吊り下げて使えるので、アウトドアのさまざまなシーンに対応できるでしょう。1.6Lのお湯を一度に沸かせます。

コールマン ファイアープレイスケトル
コールマン ファイアープレイスケトル

【CAPTAIN STAG】ホーローコーヒーポット

シンプルでおしゃれなデザインをしたホーロー製のケトルです。1.1Lの容量があるため、家族や友達同士などのグループキャンプで使いやすいでしょう。

また、熱伝導性がよいので、短時間でお湯を沸かせます。さらに、耐久性もあるので、アウトドアにぴったり!置いておくだけでインテリアとしても映えそうなデザインが魅力です。

キャプテンスタッグ ホーロー コーヒーポット
キャプテンスタッグ ホーロー コーヒーポット

【新光金属】ケトル 素銅

見た目の美しさが魅力的な銅製のケトルです。熱伝導率が高いため、短時間ですぐにお湯を沸かせます。

2.5Lの大容量であるぶん、やや重さがあります。しかし、キャンプで映えること間違いありません。ガスだけでなく、IHにも対応しているので、家庭でも気軽に使えるでしょう。

新光金属 ケトル 素銅
新光金属 ケトル 素銅

おすすめキャンプケトル:寸胴タイプ

【カクセー】クッカーステンレスケトル

実用性が高いのにも関わらず、比較的安価で購入できるステンレス製のケトルです。容量は1.2Lあります。クッカーとしても使用でき、ケトル内部には分量をはかれる目盛りが付いています。

カップ麺などを入れられるサイズであるうえ、持ち手も収納できるため、コンパクトにまとまります。それほどかさばらずに持ち運べるでしょう。

カクセー ソラ キャンピングケトル
カクセー ソラ キャンピングケトル

【CAPTAIN STAG】ステンレスラーメンクッカー

比較的安価で購入できるステンレス製のケトルです。容量は570mlとやや少なめです。目盛りや注ぎ口がついているので、クッカーとしても重宝できるでしょう。

また、メッシュの収納バッグ付きで持ち運びやすさに優れています。

キャプテンスタッグ ステンレス ラーメンクッカー
キャプテンスタッグ ステンレス ラーメンクッカー

【KingCamp】キャンプケトル

容量が1.2Lの、シンプルなデザインのステンレス製ケトルです。持ち手と蓋が木製なので、それほど熱くならない点が魅力です。

内部には茶こしが付いているので、緑茶や紅茶を作るのにぴったり。茶葉を入れるだけで簡単にお茶を楽しめます。

KingCamp ‎ケトル 1.2L
KingCamp ‎ケトル 1.2L
Q&A
 
Q:キャンプファイヤーで使用する際、ケトルのハンドルや底面が熱くなることに対しての対策は?
A:キャンプファイヤーやバーナーでケトルを使用する際、ハンドルや底面が高温になることがあります。対策としては、熱に強い素材(例えば、木製や耐熱樹脂製)のハンドルを持つケトルを選ぶか、専用のミトンやクロスを使って持つことが重要です。底面は、ケトルが直接炎に触れないように火床の高さを調節するか、適切なサイズの焚き火台を利用します。また、耐熱性の高いステンレス製やチタン製のケトルを選ぶことも、長持ちさせるために役立ちます。
 
Q:バックパッキングやハイキングの際に最適なケトルの特徴は何ですか?
A:バックパッキングやハイキングでは、軽量でコンパクトなケトルが最適です。アルミニウム製やチタン製のモデルは重量を抑えるのに適しています。小径で収納しやすいデザインや、スタッキング可能なモデルも便利です。ポータブルサイズで、持ち手が折りたためるか取り外し可能なケトルは、携帯性を高めます。さらに、容量は個人または少人数用に適したサイズ(約500ml〜1L)が理想的です。インスタントラーメンやホットドリンクを素早く作れる効率性も重要なポイントです。
 
Q:キャンプでのケトル使用における安全性を高めるためのアドバイスはありますか?
A: ケトルの安全な使用には、以下のポイントが重要です。まず、ケトルを使用する際は、周囲の安全を確保し、直火の上での使用は特に注意が必要です。燃料(ガスやホワイトガソリン)を使用するバーナーを使用する際は、ケトルがバーナーの上部から大きく外れないように注意しましょう。また、お湯を沸かす際には、穴や注ぎ口が開いていることを確認して、蒸気圧の急激な上昇を避けます。そして、ケトルを持つ際は、取っ手が熱くなっていないか確認し、必要に応じてミトンや布を使用して持ちます。最後に、お湯を注ぐ際は慎重に傾け、特に子供やペットが近くにいる場合は注意深く行います。これらの安全対策を行うことで、キャンプでのケトル使用をより安全かつ楽しむことができます。

 

キャンプ用ケトルは、ひとつ持っていれば何かと重宝するキャンプギアです。ひとくちにキャンプ用ケトルと言っても、素材や形状などの違いがあります。ケトルのタイプ別に特徴があるので、自身の用途や目的に適したものを選びましょう。また、デザイン面に着目して選ぶのもおすすめです。好きなデザインであれば、それだけで気分が盛り上がるでしょう。お気に入りのキャンプ用ケトルを見つけ、キャンプを存分に楽しんでください。

ライター

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。